@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心境小説【シンキョウショウセツ】

デジタル大辞泉

しんきょう‐しょうせつ〔シンキヤウセウセツ〕【心境小説】
作者が日常生活で目に触れたものを描きながら、その中に自己の心境調和のとれた筆致で表現した小説。志賀直哉城(き)の崎にて」、尾崎一雄虫のいろいろ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんきょうしょうせつ【心境小説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんきょうしょうせつ【心境小説】
私小説の一。作家の心境の吐露や描写を通して美的観照の世界を追究しようとするもの。志賀直哉「城の崎にて」、尾崎一雄「虫のいろいろ」、島木健作「赤蛙」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

心境小説
しんきょうしょうせつ
わが国で大正末年から使われ始めた文芸用語。中村武羅夫(むらお)の「本格小説と心境小説と」(1924)によれば、作者身辺の事実を題材として「ひたすら作者の心境を語らうとするやうな小説」をさす。これを「芸術の本道」として称揚したのが、久米正雄(くめまさお)の「私小説と心境小説」(1925)で、以来、その無思想性や技巧偏重を非難されながら、心境の練磨を第一義とするわが国独特の文学理念が形成された。当初は「私(わたくし)小説」とほぼ同義に用いられたが、伊藤整(せい)や平野謙(けん)らの分析によって、全き自己完成を目ざす調和型の作品を心境小説とよび、破滅型の私小説と区別することが定説になった。志賀直哉(なおや)『城の崎(きのさき)にて』(1917)、尾崎一雄(かずお)『虫のいろいろ』(1948)などが代表的作品。[宗像和重]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんきょう‐しょうせつ シンキャウセウセツ【心境小説】
〘名〙 作者の日常生活をもととして、その心境を描いた小説。作者である「私」を主人公として、その調和の世界をめざす心境を掘り下げていくことが多い。代表的作家に志賀直哉、尾崎一雄など。
※私小説と心境小説(1925)〈久米正雄〉「茲に於いて、真の意味の『私小説』は、同時に『心境小説』でなければならない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

心境小説
しんきょうしょうせつ
私小説」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心境小説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心境小説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation