@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心後る【ココロオクル】

デジタル大辞泉

心(こころ)後(おく)・る
思慮が足りない。気がきかない。
「かくまで―・れ、思ひやりなき事し出で給ふべしとは」〈狭衣・三〉
心がひるむ。気おくれする。
「あやしく―・れても進み出でつる涙かな」〈梅枝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こころおくる【心後る】
心の働きが劣る。 うちをば思ひよらぬぞ-・れたりける/堤中納言 逢坂
気後れする。 あやしう、-・れても進み出でつる涙かな/源氏 梅枝

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ【心】 後(おく)
① 心の働きや美的感覚などが劣っている。頭の働きが鈍い。考えが幼稚だ。
※源氏(1001‐14頃)帚木「その折につきなく、目にとまらぬなどを、推しはからず詠み出でたる、中中心をくれて見ゆ」
※狭衣物語(1069‐77頃か)三「かくまで、心をくれ、思ひやりなき事し出で給ふべしとは思はざりけるよ」
② 気おくれする。弱気になる。おじけづく。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「怪しく心をくれても進みいでつる涙かな」
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「心怯(ココロオク)れて、電報の話が出ても口を出さずに居た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心後る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心後るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation