@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心得【ココロエ】

デジタル大辞泉

こころ‐え【心得】
理解していること。また、理解してとりはからうこと。「心得のある処置」
常に心がけていなければならないこと。心構え。「日ごろの心得がよくない」
技芸を身につけていること。たしなみ。「茶の湯の心得がある」
ある事をするにあたって注意し、守るべき事柄。「接客の心得」「冬山登山の心得
下級の者が上級の役職を代理または補佐するときの職名。「課長心得

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ‐え【心得】
〘名〙
① 心得ること。物事の細かい事情などを理解していること。理解。会得。
※承応版狭衣物語(1069‐77頃か)四「おほかたの殿上人などの心得にしつつ、あまた参らせし扇をば、さるものにて」
※政基公旅引付‐文亀元年(1501)閏六月二二日「以此趣蔵本え雖申聞候、一向心得不行候」
② 事情を理解して取りはからうこと。
※謡曲・道成寺(1516頃)「さあらば供養に舞を舞はうずるよし申し候ふが、それのおん心得にてそとお場(には)へ入れられ候へかし」
※浄瑠璃・平家女護島(1719)二「それにも入道殿承引なくは一門の心得にて、中国備前の辺迄呼のぼせ時節を見よ」
③ 心中に思い決めること。心づもり。覚悟。決心。
※史記抄(1477)七「人は皆死ぬるをいやかるに、我れはよろこふは、あはれ我か不明なによって、心得はし、ちかうたかそ」
④ 常に心がけていなければならないこと。用意。たしなみ。
※椿葉記(1434)「御こころえのために細かに申す也」
⑤ 技芸などを一通り身につけていること。たしなみがあること。「武芸の心得」
※中華若木詩抄(1520頃)中「古人の詩は、いづれも、この意得ありて、つくる也」
⑥ 気持。意志。考え方。
※曾我物語(南北朝頃)五「恐れ入りて候へども悪しき御こころへと存じ候」
⑦ 用心をすること。注意すること。
※庭訓往来註(室町中‐後)「有御意得、可養生也」
⑧ 「こころえしょ(心得書)」「こころえしだい(心得次第)」の略。
⑨ 下級の者が、仮に一時上級の者の職務をつかさどる時の名称。
※明治八年一〇月達第八五号陸軍武官命課規則(1875)二条「歩兵科大尉を以て歩兵大隊長と為すときは大隊長心得と称し」
⑩ 今後どうするかの見当。あて。
※随筆・独寝(1724頃)上「町人などの様なるものは、いかほど持丸長者といはるるとても、心得なきもの也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こころ・ゆ【心得】
〘他ヤ下二〙 (「こころう〔ア下二〕」から転じて、室町頃から用いられた語。終止形は多く「こころゆる」となる) =こころえる(心得)
※常徳院殿御集(1489)「こころゆる これも又これも又とや論ずらむ弓と馬ともるい代のみち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こころ‐・う【心得】
〘他ア下二〙 ⇒こころえる(心得)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心得」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心得の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation