@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心意気【ココロイキ】

デジタル大辞泉

こころ‐いき【心意気】
気だて。心ばえ。特に、さっぱりした気性。
「あの鼠小僧と云う野郎は、第一―が嬉しいや」〈芥川・鼠小僧次郎吉〉
物事に積極的に取り組もうとする気構え。意気込み。気概。「心意気を示す」
気どること。つもりになること。
「艶二郎は役者、女郎などの―にて」〈黄・艶気樺焼
真実な気持ち。こころね。
「面(つら)で恋はしねえ。―でするといふのス」〈滑・浮世床・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

こころいき【心意気】
長崎の日本酒。酒名は、全国公募により命名。「新たな意気込み、将来に向かって飛躍を期する心意気」の意味が込められている。ラインナップは大吟醸酒、純米酒など。原料米は山田錦。仕込み水は玄武岩層の伏流水蔵元の「壱岐焼酎協業組合」(現・壱岐の蔵酒造)は昭和59年(1984)創業。所在地は壱岐市芦辺町湯岳本村触。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ‐いき【心意気】
〘名〙
① 気立て。性格。心掛け。
※評判記・色道大鏡(1678)二「同じてまにて場をとるやうに見せたがる者の心よりなす業なり、かやうの心いき、万事につけて当道に堅くきらふ事也」
② 真実な気持。こころね。慕情。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)道行「流涕(りうてい)こがるる心いき、ことはりせめてあはれなれ」
③ 意気地。気概。また、それを示すもの。達引(たてひき)。いきはり。
※俳諧・口真似草(1656)一「遠山の花を詠哥(えいか)や心いき〈梅盛〉」
※浄瑠璃・近江源氏先陣館(1769)二「待つ間媚(なまめ)く住の江が、出合頭に義村を見ても見ぬ目の心いき、これ恋しりの印なり」
④ 気どること。つもり。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)中「艷二郎は役者、女郎などの心意気にて、回向院道了の開帳へ、提灯を奉納せんとおもひ」
⑤ (心ばえを見せる意) 歌舞伎で、役者が台詞(せりふ)によらないで、身振りや顔の表情で心理状態を表現する演技。脚本のト書きなどに用いられる。思い入れ。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)一「ト心いき有。皆皆こなし有て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心意気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心意気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation