@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心材【シンザイ】

デジタル大辞泉

しん‐ざい【心材】
樹木の材の中心に近い、濃い色の部分。辺材に比べて堅い。赤身(あかみ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

心材
心材とは、樹心周囲の色の濃い部分のことを言う。樹脂が多く、水分が少なく、強度、耐久性に優れると言う特徴がある。心材と辺材との区分が明確なものは、針葉樹では、カラマツ、杉、サワラヒメコマツコウヤマキネズコなどがあげらる。広葉樹では、栗、カラマツ、アオギリヤチダモ、ウルシノキ、欅などがある。その他、心材と辺材との区分がないものもある。「赤身」とも呼ばれる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんざい【心材】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

心材
しんざい

樹木は形成層の活動によってその内側に二次木部、すなわち木材が年々蓄積されていくが、長年にわたって蓄積した二次木部は、すべてが生きていて水分の通道をつかさどっているわけではなく、中心にある古い木部から外側に向かって順次死んでいく。この死んだ部分を心材、周辺の生きている部分を辺材(へんざい)、辺材が心材に移り変わる部分を移行材という。移行材の部分で組織が死ぬとき、つまり、心材が形成されていくときには、樹木の種類によって特徴的な、無色あるいは有色の物質が集積される。したがって、心材と辺材では多くの場合、色調差が生じることとなる(色調差の生じないものもある)。心材が示すおもな色調としては、黒(コクタン)、紫(ローズウッド)、赤(アカガシ、スギ)、黄(ツゲ)、緑(ホオノキ)などがある(括弧(かっこ)内は種名)。また、心材は辺材よりも堅いため、加工をする際にもゆがみが少なく、家具や装飾材として使われる。なお、菌類などがもたらす病害によって幹の中心部が有色となり心材のようにみえることがあるが、これは偽心材とよばれ、心材とは区別される。

[鈴木三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐ざい【心材】
〘名〙 樹木の材で中心に近い死んだ部分。種々の色素がたまって黄色、赤褐色、黒色などに着色されていることが多い。材質は緻密で腐りにくく、家具や建築材としてすぐれる。辺材に対していう。赤身(あかみ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心材」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心材の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation