@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心棒【シンボウ】

デジタル大辞泉

しん‐ぼう【心棒】
車輪・こまなど、回転する物の中心となる棒。回転軸。心木(しんぎ)。
物の中心に入れて、支えなどする棒。
集団やその活動の中心になるもの。「一家の心棒となって働く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんぼう【心棒】
車輪・こまなど、回転する物の中心となる軸。回転軸。
活動の中心になっているもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐ぼう【心棒】
〘名〙
① 物の中心に入れ、その物が曲がったり、くずれたりしないように支える棒。心木(しんぎ)
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「なけなしの髪を頸窩(ぼんのくぼ)へ片付て其心棒(シンボウ)に鉛色の簪を刺してゐる」
② 車輪やこまなどの回転体の中心にあって、回転の軸となる棒。心木。軸。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉五「汝等もし車屋に入りて見ば、その車の心棒は家の内に入り込みて頻に廻ることを見るべし」
③ 組織や、その活動の中心となるもの。また、行動や考えを支える中心となるもの。心木。軸。
※歌舞伎・上総綿小紋単地(1865)序幕「此村では次郎兵衛どのと、あの市兵衛が一村の心棒ぢゃ」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉六九「和解の心棒(シンボウ)を失って困ってゐた三人は」
④ 旋盤・フライス盤・歯切盤などで、中央に穴のある工作品を加工するとき、その穴にはめる棒。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心棒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心棒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation