@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

心象【シンショウ】

デジタル大辞泉

しん‐しょう〔‐シヤウ〕【心象】
心の中に描き出される姿・形。心に浮かぶイメージ。「心象風景」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんしょう【心象】
見たり聞いたりしたことが基になり、意識の中に現れてくる像や姿。イメージ。心像。 -風景 同音語の心証は他人の言動から受ける印象のことであるが、それに対して心象は自ら経験した感覚や印象によって心の中に現れてくる像・イメージをいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐しょう ‥シャウ【心象】
〘名〙
① 想像力の働きによって心に描く具体的な情景。
※獺祭書屋俳話(1892)〈正岡子規〉新題目「例へば蒸気機関なる語を見て我們が起す所の心象は如何」
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「ふと先刻の聖書が自分の記憶心象にうかんで来た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心象」の用語解説はコトバンクが提供しています。

心象の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation