@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

必須脂肪酸【ひっすしぼうさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

必須脂肪酸
ひっすしぼうさん
essential fatty acid
不可欠脂肪酸ともいう。ラット実験で,体内での合成が不十分または欠けているため,食餌中からそのまま摂取しないと健康維持や繁殖支障があると考えられる脂肪酸類。二重結合を2個以上含む不飽和脂肪酸であるリノール酸リノレン酸アラキドン酸などがこれにあたる。一時,ビタミンFと呼ばれた。しかし,人体での不可欠性については必ずしも確実でなく,また必要性の理由が,おそらく微量食物成分としてであって,酵素反応で有用な他の通常ビタミンとは異なると考えられるので,この呼称はあまり広く用いられなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひっす‐しぼうさん〔‐シバウサン〕【必須脂肪酸】
体内では合成されないため、食物から摂取しなければならない脂肪酸リノール酸リノレン酸・アラキドン酸のこと。植物油に多量に含まれ、人間ではプロスタグランジンなどの材料となり、また血中コレステロール濃度を低下させる。ビタミンF。不可欠脂肪酸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

必須脂肪酸
 ビタミンFともいわれた.欠乏すると皮膚炎など欠乏症状を呈する脂肪酸.リノール酸とα-リノレン酸.アラキドン酸もいれる場合もあるが,リノール酸摂取で体内で合成できるので,正確には必須脂肪酸に含めない.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひっすしぼうさん【必須脂肪酸 essential fatly acid】
不可欠脂肪酸ともいう。動物が生体内で合成できず,食物によって摂取する必要のある脂肪酸をいう。バーG.O.BurrらおよびエバンズH.M.Evansは,動物の栄養リノール酸リノレン酸などが必要であることを明らかにし,これらをまとめてビタミンFと命名した(1934)。その後,それ以外にアラキドン酸も必要であることもわかった。これら脂肪酸はそれぞれ二重結合を2,3,4個含む不飽和脂肪酸(C18~C20)であって,天然に存在するものは二重結合がシス型で,トランス型のものは無効である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひっすしぼうさん【必須脂肪酸】
人体内で生合成されないため、食物から摂取しなければならない脂肪酸。リノール酸・リノレン酸・アラキドン酸をさす。植物油に豊富に含まれる。欠乏すると発育不全、皮膚の角化、脱毛、腎障害などを起こすことが知られている。不可欠脂肪酸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

必須脂肪酸
ひっすしぼうさん
動物の成長や正常な生理機能維持のために必要で、体内では合成できないため食事として摂取しなければならない脂肪酸。1929年ブァーBurr(1896―1990)夫妻によって初めて食事必須性が明らかにされた。多種類の必須脂肪酸が知られているが、リノール酸、α(アルファ)-リノレン酸およびアラキドン酸が代表的なものである。必須脂肪酸がその機能を発揮するためには一定の構造が要求される。必要量はリノール酸としてエネルギー摂取量の1~2%とみなされるので、日本人の場合、通常の食事で不足することはない。必須脂肪酸は主としてリン脂質に組み込まれ生体膜の正常な機能発現に役だち、また種々のエイコサノイド(ホルモン様の生理活性物質で、ホルモンや細胞機能の調節に不可欠の物質。プロスタグランジン、ロイコトリエン、トロンボキサンなどがある)に転換され代謝や機能の調節作用を営んでいる。さらに血清コレステロール濃度低下効果をも有する。一般に植物性油脂はリノール酸を多く含み、なかでもサフラワー油、ヒマワリ油、トウモロコシ油、大豆油、米油などはよい供給源である。[菅野道廣]
『鹿山光編『総合脂質科学』(1989・恒星社厚生閣) ▽マイレル・レッサー著、大沢博訳『脂肪と成人病――栄養療法が現代人を救う』(1992・ブレーン出版) ▽熊谷朗著『EPAの医学――疫学・栄養学から臨床応用まで』(1994・中山書店) ▽鹿山光編『AA、EPA、DHA――高度不飽和脂肪酸』(1995・恒星社厚生閣) ▽ジョン・フィガネン著、今村光一訳『ガン・成人病を撃退する――よい脂肪悪い脂肪』(1995・徳間書店) ▽ジョン・フィガネン著、今村光一訳『危険な油が病気を起こしている』(1998・オフィス中村、中央アート出版社発売) ▽日本脂質栄養学会監修、高田英穂ほか編『脂質とガン』(2000・学会出版センター)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

必須脂肪酸
ヒッスシボウサン
essential fatty acid

人体内で合成できないため,食物として摂取しなければならない脂肪酸.不飽和脂肪酸のうち,分子のω末端(カルボキシル基反対側)寄り(n-6またはω6;n-3またはω3)に二重結合を有するリノール酸(18:2,Δ9,12,ω6)やリノレン酸(18:3,Δ9,12,15,ω3)など.これらは皮膚の成長や再生に必要なほか,生理活性脂質プロスタグランジン(PG)の前駆物質として,各種生理機能の調節にも関与する.下図のようにプロスタグランジンの原料となるアラキドン酸(20:4,Δ5,8,11,14,ω6),およびイコサペンタエン酸(20:5,ω3)やドコサヘキサエン酸(22:6,ω3)は,体内でリノール酸やリノレン酸からそれぞれ合成される.二重結合の位置をΔで表示するときはカルボルシル基側から,nまたはω表示のときは反対のメチル基側から数える点に注意.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

必須脂肪酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

必須脂肪酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation