@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

忌地【いやじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

忌地
いやじ
sick soil
連作障害ともいう。同一作物連作によって生育がはなはだしく不良,あるいは生育不能となる現象。忌地を起しやすい作物はえんどう,トマト,なす,亜麻里芋,すいか,メロン,大麦,桃,いちじくなどが知られている。原因としては土壌養分欠乏,土壌病原菌,土壌線虫,および有害物質蓄積などがある。原因が養分の欠乏ならば必要な養分を加え,水に可溶性の有害物質であれば多量の水で洗い流し,また線虫その他の微生物の場合には湛水処理を行なって土壌生物相を変化させればよい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いや‐ち【忌地/×厭地】
《「いやぢ」とも》作物を連作した場合、生育が悪くなり、収穫が少なくなること。エンドウ・トマト・ナスなどに起こりやすい。連作障害

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いや‐じ〔‐ヂ〕【忌地/×厭地】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いやち【忌地 sick soil】
連作障害ともいわれ,耕地に年々同一あるいは近縁の作物を連作した場合,作物の生育が不良となり,収量が低下する現象をいう。トマト,ナス,ゴボウ,スイカ,キュウリなど多くの野菜類や豆類,あるいはモモ,イチジク,リンゴなど果樹類に広く認められる現象である。一方,タマネギカボチャイチゴ水稲などでは忌地は認められず,概してイネ科作物やイモ類ではその程度は軽微であるが,陸稲サトイモは連作に弱い。忌地は連作によって土壌環境が生物学的あるいは化学的に変化し,特定の作物の生育に不適合な状況となることに基づくものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

忌地
いやち
同一または分類学的に近縁な種類の作物を連作した場合、作物の生育が悪くなり、収量が減少もしくは皆無となる現象を忌地または忌地現象という。忌地は、程度の差はあるが多くの作物でみられ、とくにアマ、エンドウ、ゴボウ、スイカ、トマト、ナスなどは著しく減収する。これらの作物を栽培した畑では、数年から10年くらいは同一作物の栽培をしないほうがよい。しかし、一般にイネ科の作物はほとんど忌地がなく、水田作のイネはまったく忌地を示さない。忌地の原因は十分に解明されてはいないが、いくつかの要因が複雑に影響しあっていることが多いと考えられる。その要因として、土壌中の特定の養分の消耗、病原菌や線虫、害虫の蔓延(まんえん)、作物の根からの生育阻害物質の分泌、残根中の毒素、土壌の物理性の変化などがあげられている。忌地の対応策として土壌消毒や客土などが行われているが、いずれも根本的な解決策とはなっていないため、連作を避け、他の作物と輪作をすることが望ましい。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忌地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

忌地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation