@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

忍坂大中姫【おしさかのおおなかつひめ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

忍坂大中姫 おしさかのおおなかつひめ
記・紀にみえる允恭(いんぎょう)天皇皇后
応神天皇の孫。稚野毛二派(わかぬけふたまたの)皇子王女。反正(はんぜい)天皇没後,雄朝津間稚子宿禰(おあさづまわくごのすくね)皇子(允恭天皇)が病身のため即位を辞退した際,群臣の意見をまとめ,熱心にすすめて皇位につかせたという。安康天皇,雄略天皇らを生んだ。「古事記」では忍坂之大中津比売命。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おしさかのおおなかつひめ【忍坂大中姫】
允恭天皇の皇后。生没年不詳。忍坂は〈おさか〉ともいう。父は応神天皇の子稚野毛二派皇子。母は2説あるが近江国坂田に居した息長氏系の女であろう。同母兄妹に継体天皇直系の祖意富々等(おおおど)王や藤原宮に居し大中姫と天皇の寵愛を争った衣通(そとおり)姫が伝わる。安康,雄略,軽太子,軽大娘女を含む5男4女を生む。隅田八幡人物画像鏡にある〈意柴沙加宮〉に居し,名代(なしろ)の刑部(おさかべ)は代々伝領されたとの説がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

忍坂大中姫
おしさかのおおなかつひめ

「記紀」に伝承される允恭天皇(いんぎょうてんのう)の皇后。父は応神天皇の子、稚野毛二派(わかのけふたまた)皇子(『古事記』は若沼毛二俣王、『上宮記』は若野毛二俣王)。母は百師木伊呂弁(ももしきいろべ)、別名弟日売真若比売(おとひめまわかひめ)命。『古事記』は忍坂之大中津比売命にもつくる。安康天皇・雄略天皇など五男四女を生む。反正天皇没後、夫の雄朝津間稚子宿禰(おあさづまわくごのすくね)皇子(のちの允恭天皇)が群臣から推挙されたにもかかわらず、病身を理由に即位を固辞したため、妃の忍坂大中姫はみずから手洗水をとって、即位を懇願し、即位を決意させた。立后ののちは、闘鶏国造(つげのくにのみやつこ)を探して、昔の無礼を責め、姓を貶めて稲置(いなぎ)に改姓させた。また、皇后が雄略を出産する日に、允恭は皇后の妹衣通郎姫(そとおしのいらつめ)のもとに通っていたことが発覚した。そのため皇后は恨んで産殿に火をかけて死のうとしたので、允恭は皇后を慰撫したという。名代として刑部(おさかべ)を全国に定めたと伝える。なお、『古事記』には応神天皇と迦具漏比売(かぐろひめ)との子にも、忍坂大中比売がみえる。

[仁藤敦史]

『平野邦雄著『大化前代政治過程の研究』(1985・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忍坂大中姫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

忍坂大中姫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation