@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

志多留貝塚【したるかいづか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

志多留貝塚
したるかいづか
長崎県対馬(つしま)市上県町(かみあがたまち)志多留に所在する縄文時代後期の貝塚遺跡。1948年(昭和23)に東亜考古学会の水野清一・岡崎敬らが調査した。対馬の北部西岸の砂州上に立地し、貝塚は20メートル×30メートルの広がりをもち、厚さ約40センチメートル、サザエを主とする。条痕(じょうこん)土器に打製石鍬(いしぐわ)、凹石(くぼみいし)、石皿(いしざら)、石錘(せきすい)、磨製石斧(ませいせきふ)、貝輪、結合釣り針、骨製尖頭器(せんとうき)などが伴出している。獣骨の出土は少なく、植物採集と漁労に重きを置いていたことがわかった。埋葬人骨も5体発見されている。[春成秀爾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志多留貝塚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

志多留貝塚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation