@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

志筑忠雄【しづきただお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

志筑忠雄
しづきただお
[生]宝暦10 (1760). 長崎
[没]文化3 (1806).7.9. 長崎
江戸時代中期の蘭学者。本姓中野。名は盈長,のち忠雄,通称は忠次郎,柳圃と号した。オランダ通詞志筑孫次郎の養子。安永5(1776)年にオランダ稽古通詞となったが,翌年辞職。本木良永にオランダ語の指導を受け,蘭書の翻訳に尽力。オランダ語文法書『和蘭詞品考』『助字考』を著した。主訳書暦象新書』は,イギリス人ジョン・キール(1671~1721)の天文学書のオランダ語訳からの訳述で,ニコラウス・コペルニクスの太陽系論,アイザック・ニュートンの引力説などを初めて日本へ紹介した。その付録『混沌分判図説』に彼の独創性がみられる。また『万国管闚(ばんこくかんき)』『魯志亜志附録』『鎖国論』などは,海外地理世界情勢を翻訳紹介したもので,転写,回覧された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しづき‐ただお〔‐ただを〕【志筑忠雄】
[1760~1806]江戸中期の蘭学者。長崎の人。本姓は中野。通称、忠次郎。号、柳圃(りゅうほ)。「暦象新書」を訳述してニュートン学説を紹介。他に訳著「鎖国論」「和蘭詞品考」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

志筑忠雄 しづき-ただお
1760-1806 江戸時代中期-後期の蘭学者。
宝暦10年生まれ。オランダ通詞志筑家の養子となり,安永5年稽古通詞。翌年辞職し,のち本姓の中野にもどる。本木良永(りょうえい)に蘭学をまなんだといわれ,ニュートン,ケプラーなどの西洋の天文学,物理学を紹介。オランダ語文法の研究でも知られた。文化3年7月8/9日死去。47歳。肥前長崎出身。初名は盈長。字(あざな)は季飛,季竜。号は柳圃。著作に「暦象新書」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しづきただお【志筑忠雄】
1760‐1806(宝暦10‐文化3)
江戸後期の長崎の蘭学者。本姓中野氏,通称忠次郎,号は柳圃(りゆうほ)。オランダ通詞志筑家の養子となり,1776年(安永5)稽古通詞となったが,翌年病身を理由に辞職し,本木良永を師として蘭学研究に没頭した。イギリス人ケイルが著したニュートン自然哲学体系入門書の蘭訳本《奇児(ケイル)全書》の翻訳に終生取り組み,主著《暦象新書》上中下編(1798‐1802成立)では,ニュートン,ケプラーの諸法則,地動説などの紹介だけでなく,自己の見解をも加え,太陽系の起源を論じた〈混沌分判図説〉で独創的な星雲説を唱えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しづきただお【志筑忠雄】
1760~1806 江戸中期の天文学者・蘭学者。長崎の人。本姓中野。号、柳圃りゆうほ。長崎通詞志筑家の養子。オランダ語文法書「和蘭詞品考」「助字考」を書き、訳書「暦象新書」でニュートン・ケプラーの学説を紹介、さらには独自の星雲説をも説いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しづき‐ただお【志筑忠雄】
江戸中期の蘭学者。本姓中野。号柳圃。長崎生まれ。オランダ通詞志筑家の養子となり、本木良永に天文学を学ぶ。語学力に優れ、「和蘭詞品考」「助字考」の文法書を著したほか、イギリス人ケールの物理学書を解訳して「暦象新書」三編を著し、地動説、ニュートン力学を紹介した。また、ドイツの医学者ケンペルの「日本誌」中から「鎖国論」を訳出した。宝暦一〇~文化三年(一七六〇‐一八〇六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

志筑忠雄
しづきただお
1760〜1806
江戸中期の天文学者
長崎の人。通詞となったが辞し,本木良永に天文学を学び,研究に頭,『暦象新書』『求力論』『八円儀』などを翻訳・著述。力学伝来後,数年にして西欧の地動説・星雲説に比すべき研究を展開した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志筑忠雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

志筑忠雄の関連情報

関連キーワード

ハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド山県周南ミッチェルアシュトン(Thomas Southcliffe Ashton)ジョージ(3世)鈴木春信前古典派音楽徳川家治

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation