@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

志賀重昂【しがしげたか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

志賀重昂
しがしげたか
[生]文久3(1863).11.15. 愛知岡崎
[没]1927.4.6. 東京
地理学者,評論家。 1884年札幌農学校を卒業,地理学の実地研究を志し,南洋各地を旅行して『南洋事情』を執筆,その南進論と国家主義的立場から西欧帝国主義による植民地収奪を論難した。その後三宅雪嶺らと雑誌『日本人』を刊行,国家主義的立場の警世家として指導的役割を果した。 94年に『日本風景論』をわし,地理学思想の普及に活躍。さらに農商務省外務省などの要職に勤務,晩年は衆議院議員となった。『志賀重昂全集』 (8巻) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しが‐しげたか【志賀重昂】
[1863~1927]地理学者。愛知の生まれ。、矧川(しんせん)。三宅雪嶺らとともに国粋主義主張、雑誌「日本人」を発行。諸外国を巡遊。著「南洋時事」「日本風景論」「世界山水図説」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

志賀重昂 しが-しげたか
1863-1927 明治-大正時代の地理学者。
文久3年11月15日生まれ。三宅雪嶺(みやけ-せつれい)らと雑誌「日本人」を発行して国粋保存を主張。明治28年東京専門学校(現早大)教授。35年衆議院議員(当選2回,政友会)。世界をめぐり,おおくの啓蒙(けいもう)的な地理学書をあらわした。昭和2年4月6日死去。65歳。三河(愛知県)出身。札幌農学校(現北大)卒。号は矧川(しんせん),四松庵。著作に「日本風景論」「世界山水図説」など。
格言など】山は自然界の最も興味ある者,最も豪健なる者,最も高潔なる者,最も神聖なる者(「日本風景論」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しがしげたか【志賀重昂】
1863‐1927(文久3‐昭和2)
地理学者,矧川(しんせん)と号する。三河国(,愛知県岡崎市)に生まれる。1878年東京大学予備門に入学,80年北海道に渡り,84年札幌農学校卒業。86年ダーウィンをまねて海軍練習船筑波に便乗,オーストラリア,サモア,ハワイを歴訪,帰国後《南洋時事》(1887)を著して注目された。88年三宅雪嶺らと政教社結成,雑誌《日本人》を創刊,国粋保存主義を強調した。94年日清戦争勃発の年に《日本風景論》を刊行,同じ年に出た内村鑑三の《地理学考》とともに,明治の二大地理書と呼ばれることがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

志賀重昂
しがしげたか
(1863―1927)

明治・大正時代の地理学者。『日本風景論』(1894年初版)によって知られる地理評論家、雑誌『日本人』を通して日本精神を鼓舞した経世家である。三河(みかわ)国(愛知県)岡崎で藩士の子として出生。矧川(しんせん)と号した。東大予備門を経て1884年(明治17)札幌農学校を卒業。アイヌを案内に頼んで北海道の辺地を探検し、1886年オセアニア各地を視察して『南洋時事』(1887)を著した。世界各地の調査を行い、郷里岡崎には世界各地の木材で建てた記念館がある。『日本風景論』では、日本が水蒸気の多いこと、流水の侵食が激しいこと、火山が多いことなどをあげて風景の分析と鑑賞の方法を説いている。また、アジア大陸地質図の大成を主張し、東京地学協会草創にも加わって地理学の研究と普及に力を入れた。日本ラインの命名者でもある。

[木内信藏]

『志賀富士男編『志賀重昂全集』全8巻(1927~1929・同書刊行会/復刻版・1995・日本図書センター)』『『日本風景論』上下(講談社学術文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しが‐しげたか【志賀重昂】
地理学者、評論家。号は矧川(しんせん)。三河(愛知県)出身。札幌農学校卒業後、南洋諸島を巡航。明治二一年(一八八八)、三宅雪嶺らとともに政教社を創立、雑誌「日本人」を発刊。国粋保存を唱え、代議士に当選。後、世界周遊。著書「日本風景論」「世界山水図説」など。文久三~昭和二年(一八六三‐一九二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

志賀重昂
しがしげたか
1863〜1927
明治・大正時代の地理学者・評論家
三河(愛知県)の生まれ。札幌農学校卒業後,南洋諸島を巡歴。1888年政教社結成に参加し,雑誌『日本人』に国粋保存主義の論陣を張る。著書に『南洋時事』『日本風景論』『世界山水図説』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志賀重昂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

志賀重昂の関連情報

関連キーワード

グリュクスボー朝グリュックスボー朝マネ中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグルナンウィグモアエルギン小松小太郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation