@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

応用気象【おうようきしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

応用気象
おうようきしょう
applied meteorology
応用を目的とした気象学の一分科。気象と生活との関係,気象情報の利用法,気象改造の方法などを主として取り扱う。境界領域を扱う学問で,含まれる分野は非常に広い。応用の対象面からは農業気象学(→農業気象),森林気象学,海洋気象学航空気象学(→航空気象),衛星気象学,工業気象学などに分かれ,取り扱う気象要素によっては,電波気象学水文気象学などに,それぞれ分かれる。方法論的な面からは気候学,天気予報論,季節学,気象災害論などに分けられる。現実の複雑な問題を取り扱うため,基礎科学とは異なり,経験,統計観察,実験などを基礎とした納的な方法が重視される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応用気象」の用語解説はコトバンクが提供しています。

応用気象の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation