@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

応身【おうじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

応身
おうじん
nirmāṇakāya
仏教用語。法,,応の三身の一つ。このに姿を現した仏身の意味。現身ともいう。歴史上悟りを成就した釈迦牟尼仏も応身であり,十地以前の菩薩,声聞・縁覚の二乗凡夫などの目に見ることのできる身も応身である。さらに,修行を完成して仏となった仏身すなわち報身 (ほうじん) と同じ意味に用いることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐じん【応身】
《〈〉nirmāṇa-kāyaの訳語》仏の三身の一。世の人を救うため、それぞれの素質に応じてこの世に姿を現した仏。釈迦(しゃか)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうじん【応身】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうじん【応身】
仏の三身の一。人人を救済するため、救済する対象の宗教的能力に応じた姿をとってこの世に姿を現した仏。歴史上の人物として出現した釈迦やさまざまの鬼神などの姿をとって現れた仏をいう。応化身。化身。現身。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

応身
おうじん
仏教用語。サンスクリット語ニルマーナカーヤnirmakyaの漢訳。応化身(おうげしん)、化身(けしん)、変化身(へんげしん)ともいう。人々に応じてこの世に現れた仏の身体の意味。仏が人々を教化救済するために、教化すべき人々の能力や素質に応じ、かりに肉身をとって現した仏身をいう。仏陀(ぶっだ)(釈迦(しゃか))滅後、その人格をどうみるかによって種々の仏身説が展開され、応身は仏の三身(法身(ほっしん)、報身(ほうじん)、応身)の一つにあげられる。また応身と化身とを区別したときには、四身(法身、報身、応身、化身)の一つとされる。応身説は大乗仏教において、真理(法)より現れたとする人格身説である。[坂部 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐じん【応身】
〘名〙 仏語。
① (nirmāṇa-kāya の訳語) 仏の三身である法身・報身・応身の一つ。衆生を救うためにその機根に応じた種々の姿をとって現われた仏のこと。応化身(おうげしん)
※本朝文粋(1060頃)一〇・摂念山林詩序〈紀斉名〉「夫応身早滅、仏日之光西蔵」 〔最勝王経‐二〕
② (sambhoga-kāya の訳語) 仏の三身のうちの報身のこと。〔摂大乗論‐上〕
③ 仏身を真身と応身に分ける中の一つ。〔華厳法界義鏡(1295)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

応身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation