@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

忠清南道【チュンチョンナムド】

デジタル大辞泉

チュンチョン‐ナムド【忠清南道】
大韓民国中西部、黄海に面する道(どう)。道庁所在地は大田(テジョン)広域市。農業が盛ん。ちゅうせいなんどう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅうせい‐なんどう〔‐ナンダウ〕【忠清南道】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうせいなんどう【忠清南道】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

忠清南道
ちゅうせいなんどう / チュンチョンナムド

韓国(大韓民国)の西部に位置する道。面積8586.44平方キロメートル、人口184万0410(2000)。行政区域は6市(天安、公州、保寧、牙山、瑞山、論山)、9郡からなる。道庁所在地は大田(たいでん)広域市(大田は忠清南道の都市から1989年直轄市に昇格。95年広域市)。本道は平均高度が約100メートルで、いちばん低い道である。山地はだいたい丘陵性で、鶏竜(けいりゅう)山(828メートル)を最高峰として、500メートル以上の山地は0.8%にすぎない。したがって耕地面積は総面積の55%と高い比率を占める。北東より南西方向へ平行に走る車嶺(しゃれい)、伽倻(かや)、鶏竜山脈があり、その間を錦江(きんこう)と挿橋(そうきょう)川が流れている。錦江流域には内浦平野、挿橋川の流域には礼唐平野が形成され、おもな米の産地である。西海岸(黄海側)の北部にある泰安半島は海岸線の屈曲が大きく、典型的なリアス式海岸になっている。年平均気温は11~13℃、1月平均気温は零下1~2℃、7月平均気温は24~26℃。年降水量は1100~1300ミリメートルである。

 本道のおもな産業は農業である。米は全国生産量の14.5%を占める。麦類は第4位。錦山、扶余(ふよ)、論山は朝鮮人参(にんじん)の生産地であり、礼山のリンゴ、成歓(せいかん)のナシ、大田近郊のブドウなどが有名である。沿海ではタチウオ、イシモチ、カニの漁獲が多い。また海岸ではノリ、貝などを養殖する。地下資源は青陽の金鉱山と保寧の無煙炭がある。工業の成長はまだ貧弱だが、天安、新灘津(しんなんしん)、長項では新しい各種の工業地帯が造成されている。繊維、皮革、食料品、機械、化学工業などが盛んである。重化学工業部門は遅れている。道内には鶏竜山国立公園をはじめとして、温陽、儒城、道高、徳山などの温泉、大川と恋浦の海水浴場などの自然の観光資源が多い。また公州と扶余には百済(くだら)文化の遺産が多く、とくに百済文化祭は全国的に有名になっている。忠南大学校には百済研究所があり、公州大学には百済文化研究所がある。

[張 保 雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうせい‐なんどう ‥ナンダウ【忠清南道】
大韓民国に属する、朝鮮半島南西部、西側が黄海に面する道。道都は大田。チュンチョンナムド。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

忠清南〔道〕
ちゅうせいなん
チュンチョンナム(忠清南)道」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忠清南道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

忠清南道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation