@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

念珠関【ねずがせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

念珠関
ねずがせき
越後国出羽国国境にあった関所古代には蝦夷地との境界地点あたりに都岐沙羅柵 (つきさらのき) が置かれたと伝えられる。江戸時代にも酒井藩南部の要地として所が設置され,跡地は現在の山形県鶴岡市の鼠ケ関と定されている。勿来関白河関とともに奥羽三関の一つ。幕末には唐船番所があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねずがせき【念珠関】
越後と出羽の国境にあった関所。東山道筋の白河関,東海道北端の勿来(なこそ)関とともに,奥州三関として知られた。658年(斉明4)創設の都岐沙羅柵(つきさらのき)を出羽国建国後に整備したものとみられるが,11世紀の歌学書《能因歌枕》記載の〈ねずみの関〉が文献上の初見である(ただし歌は未詳)。 保元の乱の後に,源為朝が〈基衡(もとひら)に念誦の関を固めさせ〉再起するよう父為義に勧め(《保元物語》),1187年(文治3)源義経が〈念珠の関〉から大泉荘大梵字を通って平泉逃避行した(《義経記》)といわれ,また翌々年源頼朝の動員した比企能員(ひきよしかず)ら北陸道軍が8月13日〈念種関〉から出羽に打ち入り平泉将士を破ったという(《吾妻鏡》)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

念珠関
ねずがせき

古代の関所。現在の山形県鶴岡(つるおか)市鼠ヶ関(ねずがせき)にある。白河・勿来(なこそ)の両関とともに蝦夷(えぞ)対策の一環として設けられた奥羽三関の一つ。『日本書紀』斉明(さいめい)天皇4年(658)7月条の都岐沙羅柵(つきさらのき)を念珠関に擬する説があるが根拠はない。元来羽越(うえつ)国境に設けられた関門であるが、これまでに数回移転したともいわれる。江戸時代には、現在記念碑の建っている鼠ヶ関地区の北端の寺坂下にあって、当時の役宅が残っている。1189年(文治5)源頼朝(よりとも)の奥州征伐のとき、比企(ひき)、宇佐美(うさみ)の諸将が越後(えちご)から念種関に入ったことが『吾妻鏡(あづまかがみ)』にみえる。戊辰(ぼしん)戦争(1868)に際して庄内(しょうない)藩(酒井氏)兵がこの関を扼(やく)して官軍を支えること数月に及んだことも知られている。

[黛 弘道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

念珠関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

念珠関の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation