@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

怒り【いかり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

怒り
いかり
anger; rage
典型的な情動の一つで,他者による妨害傷害,おどしなどの行為によって生じる。相手を攻撃しようとする行動傾向のほかに,特有の顔面表情や自律神経系の各種の反応を伴う。怒りは,欲求不満によって生じやすくなり,また憤怒は,怒りが自制心を失うところまで強まった状態である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いかり【怒り】
おこること。いきどおり。立腹。「怒りがこみあげる」「世間の怒りを買う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おこり【怒り】
いかり。立腹。
「他の人ならば一通りの―では有るまじと」〈一葉たけくらべ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

怒り
吉田修一長編小説。2014年、上下2巻で刊行。現場に「怒」の血文字が残された殺人事件の容疑者と思しき3人の男性を巡る群像劇
②①を原作とした2016年の日本映画。監督脚本李相日、音楽:坂本龍一、出演:渡辺謙森山未來、松山ケンイチ、綾野剛広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡ほか。第40回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞(妻夫木聡)受賞

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いかり【怒り anger】
人間に特有の基本的感情の一つ。すでにローマ時代にセネカが〈野獣にしても,その他の動物にしても,人間以外はすべて怒りを欠如している。なぜというに,怒りは理性の敵である一方,理性の入る余地のないところには,どこにも生じないからである〉(《怒りについて》)と言っているが,怒りは盲目的な攻撃と破壊の衝動ではなく,ある判断から発している。破壊衝動なら何かを破壊すれば満足するはずだが,われわれはある人に腹を立てているとき,皿でも茶碗でもそののものをぶち割ったところで怒りは収まらないし,その相手を攻撃したところで収まるとは限らない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵mini

怒り
2016年9月17日に公開された日本のミステリー映画。原作・吉田修一(中央公論新社刊)、監督・李相日、音楽・坂本龍一、主演・渡辺謙、配給東宝。第41回トロント国際映画祭及び第64回サンセバスチャン国際映画祭正式出品作品。千葉・東京・沖縄の3カ所を舞台とし、「怒」という血文字を残した殺人事件のその後を描く。16年11月28日に発表された「第41回報知映画賞」では監督賞・助演男優賞を受賞し、17年1月16日発表の「第40回日本アカデミー賞」では優秀作品賞・優秀監督賞・優秀主演女優賞など同回最多となる11部門(受賞数は12)を獲得した。
(2017-1-19)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

怒り
いかり

一般に目標に到達するための行動が妨害されたときに生じる攻撃的な情動が怒りであるとされている。イギリスの心理学者ブリッジスK. M. B. Bridges(1897―?)の情動の分化についての研究によると、出生時は興奮だけであるが、乳児期にはそれから快と不快が分化し、2歳ぐらいの乳児期になると、快からは快のほかに愛情や喜びが分化し、不快からは不快のほかに怒りや恐れが分化してくるという。5歳の幼児期になると、怒りから怒りのほかに羨望(せんぼう)、嫉妬(しっと)、失望などが生まれ、恐れからは恐れのほかに心配や羞恥(しゅうち)が現れてくるという。これに対して、スルーフL. Alan Sroufeは、怒りは乳児期の初期にはすでに不快から分化していると説明している。共通しているところは乳児期である。この時期に怒りは独立した情動になっているのである。

[大村政男]

乳幼児期~児童期

乳幼児期の怒りの条件としては、(1)運動不足、空腹、疲労、睡眠不足、身体的疾患などがみられるとき、(2)強い刺激に直面して興奮しているとき、(3)周囲の人たちが怒っているとき(模倣行動)、(4)自由な身体運動が禁止されたり抑制されたりしているとき、などをあげることができる。

 怒りの表現としては、3歳ごろまでは泣きわめく、足をバタバタさせる、床や地面にひっくり返るといった「解決にならない解決への努力」とよばれる無方向性のものが多いが、3歳以後になると自分の欲求達成を妨害した人や事物を攻撃するようになる。第一反抗期の開幕である。4歳を過ぎるころにもなると言語による攻撃も増加し、悪口を浴びせかけたり、腕力でも攻撃するようになってくる。一般に男子のほうが女子よりも怒りの表現が多彩で、しかも激しい傾向がみられる。

 児童期は小学校時代で学童期ともよばれている。この時期の怒りの条件としては、(1)年長者や友達からの干渉、(2)自分の所有物が侵害される、(3)身体的な圧迫、(4)自尊心の損傷、などがあげられる。身体的にも成長発達しているので怒りの表現も激しくなり、男子では腕力によるけんかも多くなってくる。

[大村政男]

青年期

青年期になると、児童期の怒りの条件のほかに、社会的不合理に対する怒り(公憤的な怒り)や、自分の能力不足や失敗に対する怒りが加わってくる。前者は親の指示や社会的慣習、世間に流通しているものの見方や考え方に対する攻撃で、第二反抗期の特徴をなす怒りである。後者は、自分と自分のなかにいるもう1人の自分との対話から生じる怒りで、失敗を鋭く批判する内側の自分と、言い訳をする外側の自分との戦いである。青年期における自我の再発見に基づいて出現してくる内的な怒りである。青年期でも、中学生のころは腕力によるけんかが多く、勉強のできる子や自分を処罰した教師などに対する暴力もみられるが、高校生になると、このような傾向は減少してくる。そのかわりに現れてくるのが言語的な攻撃、嫌悪の情動の露出、黙殺などである。女子においては中学・高校を通して陰性な怒りが多い。俗にいういじめである。ある1人の生徒をスケープゴートにして日常の学校生活に対する積もった怒りを発散させるのである。体力的には一般にか弱いので、怒りはどうしても陰湿になりやすい。

 怒りやすい人の性格としては爆発性があげられる。小さな刺激にもすぐ興奮し、前後をわきまえずに他人を傷害し器物を破損してしまう。「キレル」という表現が使われることもあるが、短絡(近道)反応は彼らの一般的特徴になっている。

[大村政男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

怒り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

怒りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation