@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

思弁【シベン】

デジタル大辞泉

し‐べん【思弁/思×辨】
[名](スル)《〈ギリシャ〉theōriaの訳語》経験に頼らず、純粋な論理的思だけで、物事を認識しようとすること。「―的な小説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しべん【思弁 speculation】
〈見る,観察する,看視する〉を意味するラテン語specio,ギリシア語skopeōに基づくラテン語speculatioに由来し,観察,観想観照静観省察の意味で使われる用語。明治10年代から思弁,40年代には想考とも訳された。ボエティウスはこれを〈観想,理論theōria〉ならびに〈観照contemplatio〉と同義に用いた。エリウゲナには〈知性的な思弁〉〈理論的な思弁〉の用例があり,知性による原理の理論的な観想,省察の意味である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

思弁
しべん

近代インド・ヨーロッパ語で、思弁に対応する原語、たとえば英語のspeculationが株の「投機」の意味をももつことに暗示されているように、あれこれと思い迷うこと、「思惑」というニュアンスをもつ。そこで哲学的には「思考」「思索」と一面では共通の意味があるが、次のような違いを示す。

(1)古代ギリシア哲学以来の区別の伝統を受け、技術(テクネー)technē、実践(プラクシス)prāxisに対して、実践、実用を離れた純粋に知的認識としての観相(テオリア)theōriāの含みが強い。

(2)経験的、実証的、科学的な思考に対し、理性的、空想的、形而上(けいじじょう)学的思索の意味をもつ。

 そこで、プラトンや近代理性論の系譜、観念論的立場からは、哲学的活動の本質として重視されるが、経験論、唯物論、実践重視の哲学的立場からは消極視される。とくに現代では、理論物理学の「思考実験」と同様の意義が認められる場合を除けば、概して空疎で非行動的な思索という悪い意味をもつ。

[杖下隆英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

思弁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

思弁の関連情報

関連キーワード

コーマンチャップリンヒューストン(John Huston)ビダーグリフィススピルバーグヒッチコックイタル・タス通信セネットアルドリッチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation