@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

思念【シネン】

デジタル大辞泉

し‐ねん【思念】
[名](スル)思い考えること。常に心に深く思っていること。「今後の身の振り方を思念する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おぼし‐ねん・ず【思念】
〘他サ変〙 (「おもいねんず(思念)」の尊敬語)
① 一心にお祈りになる。
※浜松中納言(11C中)四「年ごろおぼしねんじ、なにがしにもいみじう祈らせ給ひしに」
② じっと我慢なさる。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「又いつの世にかありしかたちをも見むとおぼしねむじて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おもい‐ねん・ず おもひ‥【思念】
〘他サ変〙
① 一心に祈る。祈念する。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「おのづから若宮などおひ出で給はば、〈略〉命長くとこそ思ねむぜめ」
② 心に堪え忍ぶ。また、心を強く持つ。
※源氏(1001‐14頃)東屋「北の方、この程を見捨てて知らざらむもひがみたらむとおもひねんじて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐ねん【思念】
〘名〙 心に思うこと。考えること。また、常に心にかけていること。
※霊異記(810‐824)上「母、斎日に当りて飯を炊(かし)かず、斎食を思念し、便(すなは)ち女(むすめ)の辺に就きて飯を乞ふ」 〔国語‐楚語下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

思念」の用語解説はコトバンクが提供しています。

思念の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation