@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

思想史【しそうし】

世界大百科事典 第2版

しそうし【思想史】
もろもろの学問の学説史や,文学史,芸術史など,個別分野の諸思想の歴史に対して,それらを横断してなんらかの全体的な思想の動向,様式,構造などをとらえる歴史記述をいう。しかし,対象となる〈思想〉についての考え方や歴史記述の方法によって,思想史の概念も多義的となる。 全体史的な思想の歴史が探求の対象となるについては,西欧の18世紀以降,人間精神の〈進歩〉〈発展〉という観念形成がその地盤をつくった。そして,人間の幸福(社会的現実)と精神の発展を相関させながら観念(イデー)の歴史をとらえる見方が生まれた(フランス啓蒙主義など)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

思想史」の用語解説はコトバンクが提供しています。

思想史の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation