@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

思春期やせ症【ししゅんきやせしょう】

知恵蔵mini

思春期やせ症
思春期の子どもに発症する摂食障害。「小児期発症神経性食欲不振症」とも呼ばれる。中学生から高校生の女子に多く見られるが、近年小学生の女子や、男子の発症例も増加傾向にある。ストレスを拒食や極端なダイエットによって解消しようとすることで、体重減少(標準体重の80%以下)、無月経などの症状が現れる。悪化すると、低栄養による低血糖、内臓障害、不整脈感染症などの重篤な合併症を招く恐れがあり、死に至るケースもある。また、将来、低身長や不妊症骨粗鬆症(しょうしょう)などを招くリスクも指摘されている。自力での回復が困難なほど体重減少が進んでから医療機関を受診するケースが多いため、一般に治療は困難で、長い期間を要する。
(2014-2-26)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ししゅんきやせしょう【思春期やせ症】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

栄養・生化学辞典

思春期やせ症
 →拒食症

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

思春期やせ症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

思春期やせ症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation