@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

思考障害【しこうしょうがい】

世界大百科事典 第2版

しこうしょうがい【思考障害】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

思考障害
しこうしょうがい

神経症(ノイローゼ)やとくに精神病で認められる思考の異常にはさまざまなタイプがあり、これらはまとめて思考障害と総称される。一般に、思考が一貫した筋道をたどっているかどうかという思考過程、思考が自律的に営まれているかどうかという思考体験、思考が了解できる内容を生み出しているかどうかという思考内容、の三つについてそれぞれの異常が問題になる。この3種の異常は相互に深く関連しあっていて、一つだけ切り離して考えるのはむずかしい。まず第一の思考過程の異常としては、考えが次々に浮かんでは本来の筋道からそれていってしまう観念奔逸(ほんいつ)がそう(躁)病に、逆に考えが渋滞してなかなか先へ進まない思考制止がうつ(鬱)病に、枝葉末節にこだわって考えが回りくどくなる迂遠(うえん)思考がてんかんに、思考の進行が途中で突然停止してしまう思考途絶や、思考の筋道に統一とまとまりがなくなる滅裂思考が統合失調症(精神分裂病)に、そして意識混濁のために思考が支離滅裂になってしまう散乱思考が症状精神病に、それぞれ現れる。第二の思考体験の異常としては、自分の考えが他人によって干渉され操作される作為思考(させられ思考)が統合失調症に、その内容を無意味で不合理と知りながらこれを自分の考えから追い払うことができない強迫思考が強迫神経症やうつ病、統合失調症などに現れる。第三の思考内容の異常は、とりもなおさず妄想で、その典型はなかんずく統合失調症にみいだせるが、そのほか、パラノイア(妄想症)やうつ病など、広い範囲に現れうる。

[宮本忠雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しこう‐しょうがい シカウシャウガイ【思考障害】
〘名〙 思考の働きにおける障害。思考の流れ、思考体験、思考内容の三つの異常に大別される。強迫性障害、躁鬱(そううつ)病、統合失調症などに現われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

思考障害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

思考障害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation