@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

急死【きゅうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

急死
きゅうし
sudden death
突然死一見健康に思えた人がまったく突然に死亡すること。周囲はもとより本人もそれと気づかないまま,疾患が進展していたような場合にみられる。心臓血管系統の疾患が原因とみられるものが,急死例全体の約半数を占めるが,はっきりした病因,理由などの不明なものもある。経過があまり急なため,暴力あるいは中毒による死と疑われ,法医学の対象になる場合もあり,解剖して初めて病死とわかることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅう‐し〔キフ‐〕【急死】
[名](スル)急に死ぬこと。急逝。頓死(とんし)。「旅行先で急死する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうし【急死 sudden death】
元気であった人が突然に死亡することで,突然死あるいは頓死ともいう。急死はその死亡原因の由来により,外因性急死と内因性急死に分けられるが,一般に急死といえば内因性急死をさす。
【外因性急死】
 体外から作用した原因による急死。絞殺扼殺(やくさつ)などの窒息急死,刃物によって大血管や臓器が損傷され,大出血して死亡する失血急死,交通事故や災害の際に,頭部が挫砕されて生じる脳損壊による急死,やけどや感電による急死,催眠剤農薬などの薬毒物による中毒急死などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうし【急死】
スル
急に死ぬこと。頓死とんし旅先で-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐し キフ‥【急死】
〘名〙 とつぜん死ぬこと。頓死。急逝。〔和英語林集成(再版)(1872)〕
※家族会議(1935)〈横光利一〉「主人が急死したから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急死」の用語解説はコトバンクが提供しています。

急死の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation