@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

性病予防法【せいびょうよぼうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

性病予防法
せいびょうよぼうほう
昭和 23年法律 167号。性病 (梅毒,淋疾,軟性下疳,鼠径リンパ肉芽腫) が国民の健康な心身を侵し,その子孫にまでを及ぼすことを防止するため,制定された。性病の徹底的な治療および予防をはかり,公衆衛生の向上と増進に寄与することを目的に,花柳病予防法 (1927成立) および花柳病予防法特例に代って制定された。国,地方公共団体,医師,一般人に性病の治療,予防を義務づけ,医師の指示および届出義務,健康診断,治療施設,費用,罰則などを規定していた。健康診断のでは結婚前の診断書の交換を勧告したり,妊娠の検査を義務づけたりしていた。しかし,多くの点で実状に合わなくなったという批判を受け,98年 10月に成立した感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に引継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

性病予防法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

性病予防法の関連情報

関連キーワード

鑑定留置桓帝争点証拠整理手続桓帝デメトリオス1世[バクトリア]トリブツム時効副市町村長民事執行法民主主義指数

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation