@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

性行為感染症【セイコウイカンセンショウ】

デジタル大辞泉

せいこうい‐かんせんしょう〔セイカウヰカンセンシヤウ〕【性行為感染症】
性行為によって感染する病気の総称梅毒淋病(りんびょう)などの性病エイズ性器ヘルペス症・クラミジア感染症・膣(ちつ)トリコモナス症・膣カンジダ症ケジラミ症など。性感染症STD(sexually transmitted disease)。→感染症予防法性病

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいこういかんせんしょう【性行為感染症 sexually transmitted diseases】
略称STD。性病を含めて性交ないし類似の行為により感染する諸疾患の総称。1970年代になり性行為の多様性が起こり,とくに欧米の同性愛男性間における性行動の活発化とともに,性行為による感染症の種類が増加してきた。感染方式には,通常の性交のほか,口腔や性器へのキスなどによる経口感染や同性愛男性間に行われる肛門性交,さらにはベッドを同じくすることによる寄生虫の感染などがあり,きわめて複雑である。そこで,近年,こうした性行為による感染症を総称して性行為感染症とよぶようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいこういかんせんしょう【性行為感染症】
性行為を通して感染した諸疾患症の総称。従来の性病に加えて、性器ヘルペス・ B 型肝炎・成人 T 細胞白血病( ATL )・エイズなど。性感染症。 STD 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

性行為感染症
せいこういかんせんしょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

性行為感染症(STD)
(女性の病気と妊娠・出産)

 性行為で感染する可能性のある感染症の総称ですが、性感染症と呼ぶほうが一般的です。

 婦人科領域で扱う性感染症は、性器クラミジア症、性器ヘルペス症、尖圭(せんけい)コンジローマ、梅毒(ばいどく)淋菌(りんきん)感染症、トリコモナス症などがあります。これらの多くは女性器に何らかの症状が現れ、婦人科を受診すれば診断が可能です。性感染症には、HIV感染症(エイズ)やウイルス性肝炎など全身症状を主症状とする病気も含まれます。

 いわゆる「性の自由化」が進んだため、最近、性感染症が蔓延(まんえん)する傾向にあります。予防のためには、不特定多数との性交渉を避け、コンドームを性行為の間を通して用いるなど、一人ひとりの自覚が重要であることが指摘されています。

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

性行為感染症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

性行為感染症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation