@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

性転換手術【せいてんかんしゅじゅつ】

知恵蔵

性転換手術
自分のに強い違和感を持つ性同一性障害患者性転換手術が、日本でも再開された。第1号は1998年10月、埼玉医大総合医療センターで原科孝雄教授(形成外科)らが実施した。患者は東北地方の30代女性で、子宮卵巣摘出、後に男性器をつけた。性同一性障害患者は旧優生保護法の禁止事項に当てはまるとされ、69年、性転換手術をした医師が有罪判決を受け、以後、表立って行われなかった。埼玉医大、岡山大が熱心に取り組む。2004年7月、性同一性障害特例法が施行され、患者は家庭裁判所に申し立てて、性別変更が可能になった。
(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

せいてんかん‐しゅじゅつ〔セイテンクワン‐〕【性転換手術】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

性転換手術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

性転換手術の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation