@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

性転換【せいてんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

性転換
せいてんかん
sex reversal
異体の生物において,個体の遺伝的な雌雄が発生の途中の段階で反対の性に転換する現象。下等動物では生殖腺移植により,メダカなどの魚類ではホルモン投与により,ある種の雑種ニワトリでは卵巣除去により,機能的に性転換できた成功例もある。性転換の途中で性徴の明瞭でない時期にあるものは間性と呼ばれる。しかし性別は,ことに人間の場合,細胞の染色体の違い,性徴といわれている生殖腺と生殖器発達による形態的差別,心理要素,という3つの立場から考えられ,この3者は必ずしも一致していないことがある。たとえば,普通,口唇の細胞で識別する性染色体の型と,形態的性別の不一致例は,僅少ではあるが実在する。したがって,発生過程に生物的性転換の行われることは否定できないが,臨床医学上のいわゆる性転換は,半陰陽修整が限界で,通常いわれている転換は形態的修飾である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

性転換
動物において、生活史のある時期に性が逆転する現象。雌雄同体でまず雄になり精子を生産した後で、体が大きくなるとになって卵を産むものを雄性先熟といい、軟体動物やエビの仲間に見られる。小さい時に雌で、大きくなると雄になる雌性先熟は、ベラハナダイ類を始め多くの魚類で知られているが、ダルマハゼのように社会的地位に応じてどちらの性にも転換できるものもある。これらの性転換はより効率よく子孫を残すための適応と考えられている。このほか寄生によって生殖腺の発達が抑えられることによる性転換や、卵巣や精巣の除去、あるいは性ホルモンの投与などによる人工的な性転換も知られている。
(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

せい‐てんかん〔‐テンクワン〕【性転換】
雌雄の決定していた個体が、反対の性の機能をもつようになること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

性転換
人間の世界では論議の的になることも多いテーマながら、魚の世界では手術の必要もなく、自然の摂理として頻繁に起こっている現象。子孫を残すという大命題から、たとえばハナダイなど、群れの中の雌が必要に応じて雄に変化することが珍しくない種がある。逆に雌から雄へ転換する種も。途上にある個体をスラングとしてオカマと呼ぶこともある。

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいてんかん【性転換 sex reversal】
遺伝的に決定された雌雄の性が反対の性に転換すること,またはさせること。いずれかの性で生活していたものが途中で反対の性に転換する例は,魚類をはじめ動物でしばしば観察される。こうした生物の性転換については〈〉のを参照されたい。ここではヒトの性転換について述べる。
[ヒトの性転換]
 男女の性には,性染色体,性腺,性器などによって決まる生物学的あるいは肉体的な性別と,戸籍上あるいは法律上の性別と,社会的あるいは精神的な性別の三つがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいてんかん【性転換】
スル
雌雄異体の生物で、雄または雌としての機能を発揮していた個体が何らかの原因で反対の性の機能をもつようになること。個体の性が発生の途上で逆転する場合も含む。
男性あるいは女性が、外科的処置により自らの外性器をもう一方のそれに変えること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

性転換
せいてんかん
発育の途中で個体の性が雄から雌に、雌から雄にそれぞれ逆転する現象をいう。雌雄同体と異体との境界にあるような下等な動物では珍しくないが、ヒトではきわめてまれな現象である。性染色体の構成異常、たとえば性染色体構成はXXY型で、染色体数は正常より1個多い47個であり、性腺(せいせん)は精巣(睾丸(こうがん))で男性でありながら多くの点で女性的徴候を示すクラインフェルター症候群Klinefelter syndromeのほか、性染色体構成はXYの正常男性型で性腺も精巣でありながら、外性器は完全な女性型で思春期になると乳房も発育する精巣性女性化症候群(男性半陰陽の一型)、性染色体構成がXXの女性型で性腺は卵巣で子宮なども存在するが、副腎(ふくじん)の腫瘍(しゅよう)やホルモン合成酵素の欠損などがあるため、男性ホルモンが過剰に分泌され外陰部が男性化してしまう副腎性器症候群(女性半陰陽の一型)などがある。
 このような性染色体や性腺、内性器や外性器にまったく異常がないにもかかわらず、自分は本当は別の性に属していると信じている人たちがおり、また別の性になりたいと願っている人たちがいる。こうした性的傾向をトランスセクシュアリズムtranssexualismとかトランスセックスとよび、医学上は性同一性障害と診断される。このような人たちは同性愛と混同されがちであるが、同性愛ではない。トランスセックスの男性は、自分は本当は女性であると思っているので、異性愛の男性から女性として愛されたいと願っている。トランスセックスの真の原因はまだわかっていないが、胎児期におけるある種のホルモンの影響や幼児期に受けた両親からの影響などがあげられている。
 性転換手術(性別再指定手術)は、ヨーロッパやアメリカなどでは広く行われているが、日本では先天的に異常のある半陰陽などに限られていた。1969年(昭和44)に性転換手術を行った医師が優生保護法違反で有罪判決を受けて以来、いわゆるトランスセックスの人に性転換手術を行うことは公には認められていなかったが、96年(平成8)に埼玉医科大学倫理委員会から初めて性転換手術を正当な医療行為と認める答申が出され、98年に国内初の性転換手術が行われた。[白井將文]

動物の性転換

動物の性は一義的には受精の際に遺伝的に決定されるが、その性決定はかならずしも最終的なものではなく、自然的に、また実験的に変わりうる。自然的におこる例としてフリーマーチンがある。すなわちウシの二卵性双生児が遺伝的に雄と雌である場合、雄は正常であるが雌はいろいろな程度に雄化する(2頭とも同じ性ならばいずれも正常に育つ)。また別の例として寄生去勢とよばれるものがある。たとえばカニの雄にフクロムシが寄生すると二次性徴のみならず内部生殖器も雌化し、ときには卵子を生ずる。実験的に性転換をおこさせる方法としては性ホルモンの投与がある。メダカを孵化(ふか)直後から雌性ホルモンで飼うと遺伝的雄が完全な雌になり、雄性ホルモンで飼うと遺伝的雌が完全に雄化する。転換したメダカは機能的で子孫をつくることができる。ある種のカエルの幼生を雌性ホルモンで飼育して遺伝的雄を雌にすることもできる。また遺伝的雌幼生の腹腔(ふくこう)内に精巣を移植すると完全な雄化がおこり精子を形成する。このほか、ニワトリで左卵巣を除去すると右卵巣が精巣に発達することがみられている。飼育温度によっても性転換がおこる。ある種のカエルの幼生を20℃の水温で飼うと雌雄同数となるが、32℃の高温で飼うと雄が多く、10~15℃の低温で飼うと雌が多くなる。[内堀雅行]
『中園明信・桑村哲生編『魚類の性転換』(1987・東海大学出版会) ▽虎井まさ衛・宇佐美恵子著『ある性転換者の記録』(1997・青弓社) ▽B・カンプラート、W・シッフェルス編著、近藤聡子訳『偽りの肉体――性転換のすべて』(1998・信山社出版) ▽性の問題研究会著『図解性転換マニュアル』(2000・同文書院) ▽D・N・マクロスキー著、野中邦子訳『性転換』(文春文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐てんかん ‥テンクヮン【性転換】
〘名〙 個体の性が、生活史のある時期に、もう一方の性に変わる現象。自然の状態で、全ての個体が変わる種や一部が変わる種など、多数の動物で知られている。性ホルモンの投与や手術などによって人為的に行なわれることもある。
※だれかさんの悪夢(1970)〈星新一〉夢の女「二年前に性転換の手術をしてもらい、女になったの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

性転換」の用語解説はコトバンクが提供しています。

性転換の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation