@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

怪談咄【カイダンバナシ】

デジタル大辞泉

かいだん‐ばなし〔クワイダン‐〕【怪談×咄/怪談×噺】
落語で、幽霊化け物などを主題としたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

怪談咄
かいだんばなし
落語の一ジャンル。文政(ぶんせい)(1818~30)のころに江戸の初代林屋正蔵が「妖怪(ばけもの)ばなし」の名で口演したのを祖とする。幽霊や妖怪(ようかい)を扱い、『もう半分』『三年目』などのような一席物と、三遊亭円朝作『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』『怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)』『怪談乳房榎(ちぶさえのき)』などのような続き物の長編がある。後者では幽霊出現のくだりになると、高座のろうそくの灯を消し、鳴物を入れ、照明を用い、前座が幽霊に扮(ふん)して現れ、ときには背景の道具の前で演者が衣装を引き抜いて見得を切ることもあった。これは芝居咄の趣向を取り入れたもので、咄を盛り上げるのに有効だった。怪談咄は江戸で盛行したが、上方(かみがた)でも近世後期に立川三五郎が『四谷(よつや)怪談』『累(かさね)怪談』などを演じた。芝居咄式の怪談咄は、江戸で正蔵代々に継承されて近代に及んだが、8代目林家正蔵が努力して昭和まで伝えた。講談でも7代目一竜斎貞山(いちりゅうさいていざん)が得意とした。古風な演出の怪談咄は、科学の進歩した現代社会にあわなくなったため、演者も少なく、消滅の運命をたどりつつある。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

怪談咄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

怪談咄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation