@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

恒星日【こうせいじつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

恒星日
こうせいじつ
sidereal day
春分点南中してから再び南中するまでの時間,もしくは春分点の南中をもって数えられる日数太陽が黄道上を順行するため,平均太陽日よりわずかに短く,23時間 56分 4.09秒となる。厳密にいえば春分点が逆行するため,地球恒星天に対する1自転よりもさらに 0.009秒だけ短い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうせい‐じつ【恒星日】
春分点が、ある地点で南中してから再び南中するまでの時間。春分点に対する地球の自転周期で、23時56分4.091秒。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうせいじつ【恒星日 sidereal day】
平均春分点に対する地球の自転周期をいう。地球の上で観測すれば,平均春分点が相次いで2度南中する間の時間である。平均恒星日というのが正しい。0.99726957日,あるいは23時間56分4.0905秒である。春分点が歳差によっての赤道上を西から東に46秒/年の速さで移動するので,恒星日は地球が360度回転するの自転周期より0.008秒だけ短いことになる。平均春分点でなく,章動項を含む刻々の春分点に対するものを視恒星日という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうせい‐じつ【恒星日】
〘名〙 地球が春分点に対して一回自転するのに要する平均時間。二三時五六分四・〇九一秒。星日。〔遠西観象図説(1823)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

恒星日
こうせいじつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒星日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

恒星日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation