@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

恒温動物【コウオンドウブツ】

デジタル大辞泉

こうおん‐どうぶつ〔コウヲン‐〕【恒温動物】
体温調節能力があり、外気温に関係なく、ほぼ一定の体温を維持できる動物。哺乳類鳥類がこれに属する。温血動物定温動物。→変温動物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうおんどうぶつ【恒温動物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

恒温動物
こうおんどうぶつ

外気温が変化しても体温を一定に保つことができる動物のことで、変温動物の対語。また、定温動物ともいい、俗には温血動物ともいう。鳥類と哺乳(ほにゅう)類が属し、体温は種類によって異なる。ニワトリ42℃、有袋類35℃、ネコ39℃、ネズミ37~38℃、イヌ38~39℃、ヒト36~37℃あたりの体温を維持する。昼行性の動物の体温は夕方に最高値、明け方に最低値を示すが、日内変動の幅は体温調節の発達している動物では狭い。

 下等なものでは、体温が外気温の影響を受けやすく、単孔類のハリモグラは外気温が5℃のときには25℃に下がり、外気温30℃を超えると体温は正常以上になる。外気温が下がると冬眠に入るコウモリ、シマリス、ハムスターなどは、冬眠中には変温動物的となる。ヒトの新生児でも体温調節能力が発達していないので外気温の影響を受けることがある。体温を保持するための産熱(熱発生)はおもに筋肉運動と肝臓の物質代謝による。放熱を低下させる体毛、羽毛、皮下脂肪の発達、放熱を促進するあえぎ、発汗、皮下毛細血管の拡張などの機能が体温の恒常性に役だっている。体温調節中枢は間脳の視床下部にある。ここには、視床下部を流れる血液の温度を感知し、動物の種に固有の目標値と照合しながら、震え、あえぎ、発汗などの調節反応をおこさせるニューロンがあると考えられている。

[川島誠一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうおん‐どうぶつ コウヲン‥【恒温動物】
〘名〙 =ていおんどうぶつ(定温動物)〔環境の衛生学(1962)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

恒温動物
こうおんどうぶつ
定温動物」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒温動物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

恒温動物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation