@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【チ】

デジタル大辞泉

ち【恥】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]はじる はじ はじらう はずかしい
〈チ〉
はじる。はじ。「恥辱羞恥(しゅうち)無恥廉恥
隠し所。陰部。「恥骨恥部恥毛
〈はじ〉「赤恥
[補説]「耻」は俗字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじ〔はぢ〕【恥/辱/羞】
恥じること。自分の欠点・失敗などを恥ずかしく思うこと。「―を忍んでお願いする」
それによって名誉や面目が損なわれる行為・事柄。「の―」「生き―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はじ【恥】
恥とは,なんらかの比較の基準にもとづく劣位感情であり,またその劣位の観念でもある。比較されるものは人の属性(地位容姿など),もしくはふるまい(機敏さ,勇気など)である。比較基準が特定社会集団において一様に支持されている場合,恥の感情あるいは観念はその集団秩序を維持する機能をもつ。たとえば,特定の状況において従うものとされている作法にかなって行動できない場合,その人の行動はこの作法の見地から劣っているとみなされ,周囲の人びとからの軽視嘲笑(ちようしよう)を受ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


はじ
shame

人は、恥ずかしいという感情を味わうことによって、そのような思いを二度としないようにふるまおう、という気持ちになるものである。そうした場合の一種の行為規範をいう。つまり、恥をかかないようにしようとする意識によって行為が導かれたとき、その意識内容をさして「恥」というのである。

[濱口恵俊]

恥ずかしさと恥

人間は恥を知っている唯一の動物だといわれることがある。その場合、恥というのは、人前で恥ずかしい思いをするという、単なる感情体験をさすのではない。むしろその恥じらいの体験をもとにして、その後における自分の行為を方向づけるモラルなのである。

 元来恥ずかしいという感情は、目だった行為をしたり皆の前で失敗をしでかしたりしたとき、あるいは自己の欠点や醜いと思っている容姿が指摘されたときにおこる。前者では、その行為によって自分に対する評価が下がるかもしれないことを恐れているのであり、また後者では、他人に対する自己の劣位が知らされることになる。いずれにせよ、自分についての自己評価が、他者との関係のなかで相対的に低下するとき、恥ずかしいという気持ちがおこるのである。いいかえれば、恥ずかしさというものは、当人の自尊心が対人関係のなかで損なわれるような状況で生じる。要するにこのような羞恥(しゅうち)心は、人の笑いものになったり、世評が悪くなることを心配する気持ちと結び付いており、したがってまた、人の目による批評は、社会的な行為を方向づけるうえで大きな規制力をもつことになる。そこで、恥ずかしいという感情は、人のうわさや嘲笑(ちょうしょう)を恐れるという「恥」の意識に転化されるに至る。

 この点に関して、アメリカの文化人類学者ベネディクトは、次のように述べている。「恥は、他の人々の批評に対する反応である。他人から公然とあざけ笑われ、値打ちがないといわれるか、あるいは、あざけられたと思い込むか、そのいずれかによって、人は恥辱を被る。どちらの場合でも、恥はよく効く道徳的拘束となる。だが、それには、実際に人前のことであるか、それとも少なくとも人前でのことだと思い込むか、といった条件が必要である」(『菊と刀』)。つまり、周りの他人を想定し、その嘲笑(本人にとっては恥)を回避しようとするわけだが、それは、「自己の行動に対する世評に気を配るということ」であり、したがってまた「他人の判断を基準にして自己の行動の方針を定める」ことだ、とベネディクトはいう。

[濱口恵俊]

恥の文化

「恥」に基づく行動というのは、自己の行為の基準を他者の側に求めるものであり、それは、自己の内部に植え付けられた基準(良心とか宗教的なおきて)に従う「罪」行動とは対照的だとされる。「罪」行動では、自我のなかに確立された内面的基準によって自己の行為の善悪が判断される。それにもとる行為は、自責的な「罪」の意識を生み出すのである。

 行為に対する内面的制裁を行う「罪」と外面的な制御を加える「恥」とは対概念になっているが、ベネディクトは、これを活用して文化の類型化を試みた。それによれば、西欧社会は「道徳の絶対的標準を説き、良心の啓発を頼みにする社会」として「罪の文化」guilt cultureをもち、他方、日本の社会は「外面的強制力に基づいて善行を行う」ような「恥の文化」shame cultureに属している。前者では、悪い行いが人に知られない場合にも自ら罪悪感にさいなまれ、後者では、人前で恥をかかないようにすることが道徳の原動力になるという。モラルの根拠が内にあるか外にあるかの違いである。

 しかしこのように、制裁の源が内にあるか外にあるかによって「罪」と「恥」とを分けることは、かならずしも適切ではない。なぜなら、社会学者作田啓一が述べたように、「人間はまず外側から罰を受けることによって、何が罪であるかを知るようになるからである。そしてまた、〈恥を知る人〉は自分自身で自分をコントロールするからである」(『価値の社会学』)。行動の基準が内在しているか外在のものであるかということは、「罪」と「恥」とを分ける決め手にはならないであろう。日本人の「恥の文化」においても、行為基準の外在性にもかかわらず自律的行為は十分にある、とみなしうる。名(名誉)に恥じぬよう行動したり、人知れず羞恥の念に駆られるのは、「恥」による主体的制御の現れである。さらに日本人においても、親鸞(しんらん)の思想にみられるような徹底した罪業(ざいごう)観があったし、また世俗的レベルでも、重病の親に対する悔悟の念(本当にすまなかったという懺悔(ざんげ)心)としての「罪」の意識もみいだせるであろう。ベネディクトの説は再検討される必要がある。

[濱口恵俊]

『ルース・ベネディクト著、長谷川松治訳『定訳 菊と刀』(社会思想社・現代教養文庫)』『作田啓一著『恥の文化再考』(1967・筑摩書房)』『作田啓一著『価値の社会学』(1972・岩波書店)』『濱口恵俊著『「日本らしさ」の再発見』(1977・日本経済新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はじらい はぢらひ【恥】
〘名〙 (動詞「はじらう(恥)」の連用形の名詞化) 恥ずかしがること。はにかみ。気おくれ。
※洒落本・魂胆惣勘定(1754)序「拙き筆のはじらひもなく校合し、序を作れる事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじら・う はぢらふ【恥】
〘自ワ五(ハ四)〙 恥ずかしがる。はにかむ。照れる。はじらむ。
※紫式部日記(1010頃か)消息文「いと世をはぢらひ、あまりに見苦しきまで児めい給へり」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「臆するでもなく、耻らふでもなく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は・ず はづ【恥】
〘自ダ上二〙 ⇒はじる(恥)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


はじ
羞恥」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

恥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation