@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

恩讐の彼方に【オンシュウノカナタニ】

デジタル大辞泉

おんしゅうのかなたに〔オンシウのかなたに〕【恩讐の彼方に】
菊池寛の小説。大正8年(1919)発表。耶馬渓青ノ洞門由来を脚色。あだ討ちの非人間性と、ヒューマニズムの勝利を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんしゅうのかなたに【恩讐の彼方に】
菊池寛の短編小説。1919年《中央公論》に発表。江戸中期の禅僧真如庵禅海による豊前国耶馬渓の青ノ洞門開削の史実に取材し仇討をも人間愛に結びつけた作者の代表作。作者自身の脚色による劇化は《敵討以上》と題し,1920年帝国劇場で13世守田勘弥によって初演以来,2世市川猿之助,沢田正二郎らがしばしば上演している。講談浪花節にも取りあげられ,とくにかずかずの文芸浪曲を手がけた酒井雲による口演が好評を博した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おんしゅうのかなたに オンシウ‥【恩讐の彼方に】
小説。菊池寛作。大正八年(一九一九)発表。豊前耶馬渓、青の洞門伝説に取材。仇討ちの非人間性を描き、作者のヒューマニティーを示した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恩讐の彼方に」の用語解説はコトバンクが提供しています。

恩讐の彼方にの関連情報

関連キーワード

グリフィス石英岩ビダー牧野省三ロシア革命史(年表)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチ三一独立運動バルフォア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation