@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

恭仁京【くにきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

恭仁京
くにきょう
奈良時代,聖武天皇の天平 12 (740) ~16年にかけて置かれた。「くにのみやこ」とも読む。京都府の南西端に位置する。内裏木津川中流の山間小盆地,木津川市中北部の瓶原 (みかのはら) の地と推定される。同 12年平城京より遷都,同 15年には大極殿歩廊を移建したが,費用がかさみ,ついに造営中止となった。聖武天皇は紫香楽宮 (しがらきのみや) の造営をいったん命じたものの,同 16年には難波京遷都を決め,さらに同 17年再び平城京に戻るをくだした。その間の事情は『続日本紀』にみえる。同 18年には恭仁京の大極殿を山城国分寺に施入,都のはしだいに荒廃していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くに‐きょう〔‐キヤウ〕【恭仁京】
京都府木津川市加茂町例幣(れいへい)にあった聖武天皇の都。天平12年(740)奈良からこの地に遷都。未完成のまま4年後に難波(なにわ)に移った。大養徳恭仁大宮(おおやまとくにのおおみや)。くにのみやこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くに‐の‐みやこ【恭仁京】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くにきょう【恭仁京】
奈良時代中ごろの都城。現在の京都府南部の相楽郡加茂町,木津町,山城町にまたがって営まれた。740年(天平12),九州で藤原広嗣の乱が起こったのを契機に平城京を離れた聖武天皇は,伊勢美濃近江をめぐった後,12月15日山背国南端の久仁郷の地に至り恭仁京の造営に着手した。翌年11月21日の勅によって宣された正式名称は大養徳恭仁大宮(やまとのくにのおおみや)。造営開始から丸3年を経た743年末には,並行して紫香楽宮(しがらきのみや)が造りはじめられたことなどのために費用がかさんで造作が停止され,翌年2月20日,紫香楽へではなしに難波(なにわ)への遷都が行われて廃都になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くにきょう【恭仁京】
くにのみやこ恭仁京

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くにのみやこ【恭仁京】
740年から744年までの聖武天皇の都。未完成のまま難波宮に遷った。現在の京都府木津川市加茂町、瓶原みかのはら付近、木津川のほとりにあった。正称、大養徳恭仁大宮おおやまとくにのおおみや。くにきょう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

恭仁京
くにきょう
奈良時代の都京。山城(やましろ)国相楽(そうらく)郡恭仁郷(京都府木津川(きづがわ)市加茂町例幣(かもちょうれいへい))にあり、大養徳(やまと)恭仁大宮ともよぶ。740年(天平12)藤原広嗣(ひろつぐ)の乱が起こると、聖武(しょうむ)天皇は突如東国へ出幸し、乱鎮定後も平城(へいじょう)に帰らず、恭仁京の造営を始め遷都、平城宮の大極殿(だいごくでん)、回廊を移建した。発議者は右大臣橘諸兄(たちばなのもろえ)とみられる。近江(おうみ)国甲賀郡に紫香楽宮(しがらきのみや)をつくると、743年恭仁造作を停止したが、翌年難波(なにわ)遷都を企て、恭仁宮の内印、駅鈴を移して皇都としたものの、天皇は難波から紫香楽へ幸し、745年ふたたび平城へ還都した。翌年恭仁宮の大極殿は山背国分寺(やましろこくぶんじ)に施入となった。鹿背山(かぜやま)の西道を基準に左京と右京が離れて設定され、宮は左京の中央北端に位置するらしい。1976年(昭和51)以後の発掘調査で大極殿基壇が確認された。[八木 充]
『八木充著『古代日本の都』(講談社現代新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くに‐の‐みやこ【恭仁京】
奈良時代、聖武天皇が一時都とした地。現在の京都府相楽郡加茂町瓶原(みかのはら)一帯。天平一二~一六年(七四〇‐七四四)の間、造営がつづけられたが、難波遷都が急に定められて中止された。現在、国分寺址などがあり、礎石や古瓦などを出土する。大養徳恭仁大宮(おおやまとくにのおおみや)。くにのみや。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

恭仁京
くにきょう
奈良時代,聖武天皇の740〜744年の間の都
現在の京都府相楽 (そうらく) 郡加茂町付近で,東西700〜800m ,南北1㎞余。740年藤原広嗣の乱後,橘諸兄 (もろえ) のすすめで遷都したが,ばく大な費用を要し,未完成のまま744年難波京に遷都。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恭仁京」の用語解説はコトバンクが提供しています。

恭仁京の関連情報

関連キーワード

ザイド派藤原広嗣藤原広嗣の乱郷里制大野東人藤原広嗣トルクメニスタン三重・鈴鹿関跡中京都構想

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation