@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

悪意【あくい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

悪意
あくい
法律用語としては,一定事情っていることをいう。善意に対する語。道徳的な評価としての善悪とは関係がなく,事情の知・不知を意味する。民法上,善意と悪意とでは法的な保護や効果が異なることが多い (94条2項,96条3項,190,704条など) 。なお,離婚および離縁原因としての「悪意の遺棄」 (770条1項2号,814条1項1号) のように,悪意を不正な害意の意味に用いる場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あく‐い【悪意】
他人を憎み、害を加えようとする気持ち。わるぎ。「悪意を抱く」「悪意に満ちた眼差(まなざ)し」⇔善意
よくない意味。「発言を悪意に取る」⇔善意
法律上の効力に影響を及ぼす事情を知っていること。道徳的な意味での善悪とは異なる。⇔善意

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

悪意
東野圭吾の長編推理小説。1996年刊行。加賀恭一郎シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あくい【悪意】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あくい【悪意】
他人に害を与えようとする心。他人を憎む心。わるぎ。わるげ。 ⇔ 好意 -をもつ -を抱く -にみちた批評
わるい意味。意地のわるい見方。 ⇔ 善意 -に解釈する
自分の行為が法律上の効果を生じることを知っていて、あえてその行為をする意志のこと。例えば、ある取引について存在する特殊の事情を知っている第三者を「悪意の第三者」という。道徳的善悪とは別のもの。
他人を害する意思。 -の遺棄
▽⇔ 善意

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あく‐い【悪意】
〘名〙
① 悪い心、気持。悪心。⇔善意。〔文明本節用集(室町中)〕〔後漢書‐劉焉伝〕
② 他人をいやがらせ、害を与えようとする気持。いじわるな気持。また、そのような見方。わるぎ。⇔善意好意
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「宜しく躬から悪意を除き他人を害することなきを以て先務と為す可し」
③ 悪い意味。受け手が悪くとった意味。「悪意に解釈する」「悪意にとられては困る」など。⇔善意
④ 道徳的善悪にかかわらず、法律上の効力に影響を及ぼすある事実を知っていること。⇔善意。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

悪意
あくい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪意」の用語解説はコトバンクが提供しています。

悪意の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation