@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

悪態祭【アクタイマツリ】

デジタル大辞泉

あくたい‐まつり【悪態祭(り)】
参詣人が悪口を言い合い、言い勝った福運を得るとされる祭り悪口祭り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あくたいまつり【悪態祭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

悪態祭
あくたいまつり
集まった群衆が互いに悪口を言い合うことが特徴の礼。悪口(あっこう)祭、悪たれ祭、喧嘩(けんか)祭などともいう。相手を言い負かせば幸運を得るとしたことに基づくらしいが、年頭の祭りに多く、もと年占(としうら)の意味が濃かったようである。現に、島根県安来(やすぎ)市の清水(きよみず)寺では、節分の夜参詣(さんけい)人同士が悪口を言い合い、「清水の喧嘩祭」と称され、相手に言い勝てばその年豊作になるとされた。京都祇園(ぎおん)・八坂神社の白朮(おけら)祭(白朮参り)をはじめ、栃木県足利(あしかが)市大岩町の毘沙門(びしゃもん)堂における悪態祭、茨城県笠間(かさま)市泉(いずみ)の愛宕(あたご)神社裏手にある飯綱(いづな)神社における悪態祭(あくていまち)など悪口の言い合いは激しかった。いったいに祭りの場では常の日と異なる挙措言動が目だつもので、悪口もその一種とみなされる。愛知県北設楽(きたしたら)郡東栄(とうえい)町、豊根(とよね)村、設楽町津具(つぐ)の花祭(国の重要無形民俗文化財)、長野県下伊那(しもいな)郡の遠山の霜月祭(国の重要無形民俗文化財)、岩手県平泉町毛越寺(もうつうじ)の延年(えんねん)(国の重要無形民俗文化財)などでも、見物人から演者に対して悪口が飛ばされる。ただし、各地とも悪口の意味が忘れられ、近来はかなり減少してきている。[竹田 旦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あくたい‐まつり【悪態祭】
〘名〙 祭の参詣人が互いに悪口を言い合い、言い勝った者が福運を得るとされる祭。悪口祭。京都市祇園の白朮祭(おけらまつり)、岩手県水沢市の裸祭など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪態祭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

悪態祭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation