@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

悪戯【アクギ】

デジタル大辞泉

あく‐ぎ【悪戯】
たちの悪いいたずら。わるふざけ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いたずら〔いたづら〕【悪戯】
[名・形動](スル)《「徒(いたずら)」から》
人の迷惑になることをすること。また、そのさま。悪ふざけ。「悪戯が過ぎる」「悪戯な子」
いたずら小僧。いたずらっこ。
「弁当箱をポンと抛(ほう)り上げてはチョイと受けて行く―がある」〈二葉亭平凡
もてあそんではならない物をいじったりおもちゃにしたりすること。「子供がマッチを悪戯する」「悪戯半分」
自分のすることを謙遜していう語。芸事・習い事などにいう。「歌つくりはほんの悪戯です」
性的にみだらなふるまいをすること。強制猥褻婉曲な言い方。
「旦那が鳥渡(ちょっと)―をしたくなるのも…無理もねえて」〈荷風・薄衣〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わる‐いたずら〔‐いたづら〕【悪戯】
たちの悪いいたずら。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

悪戯
日本のテレビドラマ。放映はテレビ朝日系列(1993年1月)。全4回。出演:黒木瞳、益岡徹、杉本哲太ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪戯
米国の作家エド・マクベインの警察小説(1993)。原題《Mischief》。「87分署」シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あく‐ぎ【悪戯】
〘名〙 悪いいたずら。わるふざけ。
※日蓮上人(1894)〈幸田露伴〉三「悪太郎と相伍して悪戯(アクキ)をすること更に無く」 〔北史‐斉文宣帝紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わる‐いたずら ‥いたづら【悪戯】
〘名〙 たちの悪いいたずら。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「わるいたづらをするやつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わる‐ざれ【悪戯】
〘名〙 (形動) =わるじゃれ(悪戯)
※評判記・難波鉦(1680)一「わるされも何もある事でござんす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪戯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

悪戯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation