@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

悪魔の霊薬【あくまのれいやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

悪魔の霊薬
あくまのれいやく
Elixiere des Teufels
ドイツの作家 E.T.A.ホフマン長編小説。2巻。 1815~16年刊。姦通殺人などの罪悪によごれている血統末裔に生れた青年僧フランツは,ふとした機会に,かつて悪魔が聖アントニウスを誘惑しようとして飲ませたと伝えられる美酒を手に入れ,それを飲んだために無気味な事件にあう。二重人格を中心に,宗教の世界と神秘的な女性美,現世的な欲情とが交錯している作品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪魔の霊薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

悪魔の霊薬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation