@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

悲愴【ヒソウ】

デジタル大辞泉

ひ‐そう〔‐サウ〕【悲×愴】
[名・形動]悲しく痛ましいこと。また、そのさま。「悲愴な面持ち」「悲愴感」
[派生]ひそうさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひそう【悲愴】[曲名]
《原題、〈フランス〉La Pathétiqueベートーベンのピアノソナタ第8番の標題。ハ短調。1798年ごろの作。第14番「月光」、第23番「熱情」とともに三大ピアノソナタとよばれる。
《原題、〈ロシア〉Pateticheskayaチャイコフスキー作曲の交響曲第6番の標題。1893年の作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

悲愴
ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの交響曲第6番(1893)。原題《Pathétique》。チャイコフスキーの代表作の一つとして知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悲愴
ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノソナタ第8番(1797?-98)。原題《Pathétique》。第14番『月光』、第23番『熱情』と並び、三大ピアノソナタと呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐そう ‥サウ【悲愴】
[1] 〘名〙 (形動) 悲しくいたましいこと。また、そのさま。悲傷。
※佳人之奇遇(1885‐97)〈東海散士〉二「悲愴の念稍々散じて、豪慨の情眉宇に溢る」 〔白居易‐有感詩〕
[2]
[一] (原題Pathétique) ベートーベン作曲のピアノソナタ第八番(ハ短調)の曲名。一七九九年完成。
[二] (原題Patjetičjeskaja) チャイコフスキー作曲の交響曲第六番(ロ短調)の曲名。一八九三年作。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悲愴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

悲愴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation