@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

情報開示【じょうほうかいじ】

M&A用語集

情報開示
会社法や金融商品取引法では、商取引において利害関係者が適正な判断を下せるように情報開示について規定が設けられている。会社法では、非上場の株式会社を含めて全ての株式会社について、主として、株主と債権者のために開示の必要性と開示のための手間・コストのバランスを考えて開示の規定を用意している。対象者ごとに、株式会社の登記貸借対照表等の公告など一般に公示するもの、定款株主名簿計算書類など株主及び債権者に閲覧を認めるもの、会計帳簿、取締役会議事録、監査役会議事録など一定の株主のみに閲覧請求権を認めるものなどに分かれる。また金融商品取引法では、主として上場株式等を発行する株式会社について、一般投資家(現在の株主だけではなく、これから株式等を買おうとする人も含む。)のための開示制度を整えており、株式、公社債信託受益権などの有価証券の発行や売買等に関する開示規制を定めている。

出典:株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報開示」の用語解説はコトバンクが提供しています。

情報開示の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation