@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

情念【じょうねん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

情念
じょうねん
passion
語源的には受動を意味し,同じ passionの語は中世以後,キリストの受難をもさした。古くから情念はその激しい効果のゆえに恐れられ,デモクリトスはこれを魂の病理として知による解放を求め,プラトンも情念を理性と対置した。アリストテレスは心理学的にとらえて,心の動きをすべて情念とみる一方,これを魂の恒常的なあり方である徳や悪徳と区別した。ストア派は悪徳と区別しつつも,情念を魂の病とみて,その欠如としてのアパテイアを賢者の徳とした。トマス・アクィナスは総合的研究を行い,「欲求的」「闘争的」の2つに分けたあとで,対象の善悪,在不在に従って体系的な分類を樹立した。近世になるとストア派の復活とともに情念と悪徳との対比が理論史の中心を占めるようになる。デカルトはすべての魂の受動を広い意味での情念としつつ,狭い意味でのそれを情動に限定して恒常的な傾向性を除外した。しかし感情生活を重視する 18世紀になると,恒常的欲求心が分離し,しかももはや魂の病気とみられることはなく,むしろ創造力の源泉として積極的に評価される方向をとる。ライプニッツを転機として,情念の語はこのような恒常的な活動,各個人の支配的な傾向性を意味するようになる。そして,従来その語がさしていた情動的反応にはフランス語では émotion (情動,情緒) の語が,ドイツ語では Affektに対して Leidenschaftがあてられるが,英語では passionはまだデカルト的な古い意味を保存している。かくして情念は「情熱」に接近し,カントがこれを非理性的な狂気として批判しはしたが,天才の病理性すらあがめるロマン派の思潮のなかでは圧倒的な支持を得た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐ねん〔ジヤウ‐〕【情念】
感情が刺激されて生ずる想念。抑えがたい愛憎の感情。「情念の炎を燃やす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうねん【情念 passion】
心理学上の術語としては,感情一般のなかに属し,狭義の〈感情〉や〈情動(エモーション)〉と区別され,激情を意味する。つまり〈感情〉が強まりそれがはっきり身体に現れるほどになったとき〈情動〉と呼ばれ,またさらにいっそう激化して感情の自然の流れがせき止められ苦悩にさらされるようになるとき〈情念〉と呼ばれる。だが情念の問題は,それが同時に〈受動〉〈受苦〉〈受難〉を意味することに示されるように,心理学を超えて,もっと広くてダイナミックな人間論的な広がりをもっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょう‐ねん ジャウ‥【情念】
〘名〙 心の働きと思い。また、強くとらわれて離れない愛憎の感情。
※梵舜本沙石集(1283)三「情念の所作は、皆無義也、無常の果をうく」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「奮激の情念一時に溢湧し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情念」の用語解説はコトバンクが提供しています。

情念の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation