@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

惑星ソラリス

デジタル大辞泉プラス

惑星ソラリス
1972年製作のソ連映画。スタニフワフ・レムソラリスの陽のもとに』の映画化。監督:アンドレイ・タルコフスキー、出演:ドナタス・バニオニス、ナターリヤ・ボンダルチュク、ユーリ・ヤルベットほか。第25回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

惑星ソラリス
わくせいそらりす
СОЛЯРИС Solyaris
1972年にアンドレイ・タルコフスキーが監督したソ連映画。原作はスタニスワフ・レムのSF小説『ソラリス(ひ)のもとに』だが、レムはこの映画をSFではなく、ドストエフスキーの『罪と罰』だと酷評した通り、映画は人間の精神や存在を問う、哲学的かつ神学的作品となっている。タルコフスキー自身も、原作で興味があったのは倫理的部分だけだと述べ、さらにキューブリックの『2001年宇宙の旅』(1968)の「非人間的宇宙空間」(タルコフスキー)へのアンチであることも表明している。カンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞。知性をもつとおぼしき海に覆われた惑星ソラリス、その上空の観測ステーションで異変が起こり、その解明のため心理学者クリスが送り込まれる。3人の科学者のうち1人はすでに自殺しており、残り2人は何か秘密を抱え黙していた。ある日クリスのもとに10年前にクリスのせいで自殺した妻のハリーが突然現れる。それは、ソラリスの海が人間の記憶や意識を具現化して送り込んできたものである。クリスは過去の記憶がよみがえり自責の念から懊悩(おうのう)する一方、コピーであるハリーは実物になってクリスとの真実の愛を求めようとするがかなわない。ラストシーンで、クリスは地球の故郷の父のもとに戻るが、それとてもソラリスの海に出現したコピーされた故郷なのかもしれない。[田中 陽]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

惑星ソラリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

惑星ソラリスの関連情報

関連キーワード

新藤兼人田中角栄内閣中原佑介佐藤栄作内閣田中角栄内閣堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation