@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

惟明親王【これあきらしんのう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

惟明親王 これあきらしんのう
1179-1221 鎌倉時代,高倉天皇の第3皇子。
治承(じしょう)3年4月11日生まれ。寿永2年平氏が安徳天皇とともに西国にのがれたとき,5歳で皇位継承候補となるが,異母弟の後鳥羽(とば)天皇即位。文治5年(1189)親王となった。歌が「新古今和歌集」などの勅撰集に34首のる。承久(じょうきゅう)3年5月3日死去。43歳。大炊御門(おおいみかどの),承安(じょうあん)第三宮とも称した。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

惟明親王 (これあきらしんのう)
生年月日:1179年4月11日
鎌倉時代前期の親王
1221年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

惟明親王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

惟明親王の関連情報

関連キーワード

無慙叡空平盛子藤原信隆インノケンチウス3世平氏政権経読三所

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation