@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

意志と表象としての世界【いしとひょうしょうとしてのせかい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

意志と表象としての世界
いしとひょうしょうとしてのせかい
Die Welt als Wille und Vorstellung

ドイツの厭世(えんせい)思想家ショーペンハウアーの主著。1819年30歳のときに完成された著作であるが、25年後にはその続編を出すに至るほど、全力を傾けた著作であった。しかし、出版当初の評判はあまり高いものではなかった。正編は4部に分かれ、第1部と第3部が表象としての世界、第2部と第4部が意志としての世界を扱っている。第1部と第2部で、認識に対して存在する世界は「私の表象」、眺められた世界にすぎないことを示し、それを認識する主観は意志であって、表象としての現象世界を生み出す原因となる物自体が意志にほかならないとした。それは、カントとプラトンの認識論を再構成するものである。また、第3部は美学、第4部は倫理学である。現象する世界の連関、生成を超えて、永遠にしてかつ世界の真理に達するものとして芸術とりわけ音楽が高く位置づけられる。さらに、生きんとする盲目的意志の衝動を乗り越えて、インドのベーダーンタ哲学と結び付いて禁欲と静寂が求められ、提示される。

[佐藤和夫]

『斎藤忍随他訳『意志と表象としての世界』(『ショーペンハウアー全集 2~7』1972・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

意志と表象としての世界」の用語解説はコトバンクが提供しています。

意志と表象としての世界の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation