@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愚中周及【グチュウシュウキュウ】

デジタル大辞泉

ぐちゅう‐しゅうきゅう〔‐シウキフ〕【愚中周及】
[1323~1409]室町前期の臨済宗美濃の人。夢窓疎石師事。のち元に渡り、即契了らに参禅。帰朝後、安芸(あき)仏通寺開山となり、足利義持帰依を受けた。仏徳大通禅師

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

愚中周及 ぐちゅう-しゅうきゅう
1323-1409 南北朝-室町時代の僧。
元亨(げんこう)3年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)の人。夢窓疎石(そせき)に師事。暦応(りゃくおう)4=興国2年元(げん)(中国)にわたり,即休契了の法をつぐ。帰国後臨済宗(りんざいしゅう)愚中派おこし,丹波天寧寺(京都府)の住持となる。安芸(あき)(広島県)に仏通寺をひらいた。応永16年8月25日死去。87歳。諡号(しごう)は仏徳大通禅師。著作に「稟明(りんみょう)抄」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぐちゅうしゅうきゅう【愚中周及】
1323‐1409(元亨3‐応永16)
室町中期の五山禅僧。字は愚中,諱(いみな)は周及。美濃の人。13歳で夢窓疎石のに投じ,のち春屋妙葩(しゆんおくみようは)に参じた。1340年(興国1∥暦応3)入明し,月江正印,即休契了等に参学,即休の法を継いだ。51年(正平6∥観応2)帰国し,65年(正平20∥貞治4)丹後天寧寺に住したが,95年(応永2)8月,安芸の仏通寺の開山となった。1407年,将軍足利義持に招かれて上京,禅要を説いた。1409年8月25日没。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

愚中周及」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愚中周及の関連情報

関連キーワード

覚隠真知足利満兼アレクサンデル5世トガ・テムル朝ヨハネス23世相馬野馬追続後拾遺和歌集

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation