@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛のコリーダ【アイノコリーダ】

デジタル大辞泉

あいのコリーダ【愛のコリーダ】
大島渚監督・脚本による日仏合作映画の題名。昭和51年(1976)公開。若松孝二プロデュース崔洋一助監督として参加。出演、藤竜也、松田英子ほか。昭和11年(1936)に起きた阿部定事件題材スチール写真を掲載した書籍がわいせつ文書にあたるとして裁判になるなど、大きな話題となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

愛のコリーダ
アメリカの音楽プロデューサー・作曲家、クインシー・ジョーンズの曲。アルバム「The Dude(邦題:愛のコリーダ)」(1981年)に収録。全米ソウル・チャート第10位、ポップチャート第28位を記録。オリジナルは1980年発表のチャズ・ジャンケルの曲で、作曲はジャンケル本人、作詞はケニー・ヤング。タイトルは大島渚監督の日仏合作映画「愛のコリーダ」(1976年公開)から採られている。原題《Ai No Corrida》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

愛のコリーダ
あいのこりーだ
日本映画。1976年(昭和51)作品。大島渚(おおしまなぎさ)監督。1972年にフランスのアナトール・ドーマンAnatole Dauman(1925―1998)と会い、合作でポルノを撮ることを依頼され、1975年から大島渚プロダクションとアルゴス・フィルムの提携作品として製作、日本では東宝東和配給で公開された。1936年(昭和11)、世間を騒がせた阿部定(あべさだ)(1905―?)事件を大島が脚色。フランスでの公開題は「官能の帝国」。料亭の女中定(松田英子(まつだえいこ)、1952― )は、主人吉蔵(藤竜也(ふじたつや)、1941― )に惚(ほ)れ、情を通じてしまう。二人は激しい愛欲にとらわれ、待合、料亭、旅館と部屋を変え、性交を繰り返す。やがて定は、性愛の極で吉蔵の首に腰紐(ひも)を巻きつけ絶命させ、局部を牛刀で切り取り、あふれ出る血で吉蔵の腿(もも)に「定吉二人きり」と書く。日本で撮った未現像のフィルムをフランスで現像・編集するハードコア・ポルノ。警視庁はこの映画のシナリオ本を告訴して1977年から1982年まで争うが、無罪となる。2000年(平成12)に「完全ノーカット版」がリバイバル上映。大島の名を世界に知らしめた傑作。[坂尻昌平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛のコリーダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛のコリーダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation