@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛妻【アイサイ】

デジタル大辞泉

あい‐さい【愛妻】
愛し、大切にしている妻。「愛妻弁当」
妻を大事にすること。「愛妻家」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし‐づま【愛妻】
かわいいする妻。あいさい。
「吾(あ)が―にい及(し)き会はむかも」〈・下・歌謡〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐さい【愛妻】
〘名〙
① 愛している妻。
※疑惑(1913)〈近松秋江〉「愛妻にそんなことがある理由(わけ)がない」
② 妻をだいじにすること。「愛妻家」などのように、下に体言を伴って用いられる。
※銀座解剖図(1934)〈石角春之助〉二「共に愛妻主義者でもあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし‐づま【愛妻】
〘名〙 (「はし」はいとしいの意) 愛する妻。いとしい妻。
※古事記(712)下・歌謡「山城に い及(し)け鳥山 い及けい及け 吾が波斯豆摩(ハシヅマ)に い及き会はむかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

め‐づま【愛妻】
〘名〙 いとしい妻。
※万葉(8C後)一四・三五〇二「わが目豆麻(メヅマ)人は離くれど朝貌の年さへこごとわは離(さか)るがへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

め‐ずま ‥づま【愛妻】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛妻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛妻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation