@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛宕神社【あたごじんじゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

愛宕神社
あたごじんじゃ
京都市右京区嵯峨愛宕山鎮座する元府社。愛宕権現,鎮火神社ともいう。祭神はワカムスビノミコトら王城鎮護の5神。若宮にはイカズチノカミら3神を祀り防火神として有名。例祭9月 28日。鎮火祭4月 24日。千日詣8月1日。全国 800社に及ぶ愛宕神社の根本社である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あたご‐じんじゃ【愛宕神社】
京都市右京区にある神社。祭神は、本宮に稚産日命(わくむすびのみこと)ほか四神、若宮に雷神(いかずちのかみ)ほか二神。防火の神として信仰される。全国愛宕神社の総本社。愛宕権現。
東京都港区にある神社。慶長8年(1603)に京都の愛宕神社の分霊勧請(かんじょう)。愛宕山。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あたごじんじゃ【愛宕神社】
京都市右京区,愛宕山上に鎮座。旧府社。火防の神といわれ,全国約800社の根本社として尊崇されている。本宮に伊弉冉(いざなみ)尊,埴山姫命,天熊人(あめくまうし)命,稚産霊(わくむすび)神,豊宇気毘売神,若宮に雷神,迦遇槌(かぐつち)命,破无(はむ)神をまつる。社伝によると,大宝年間(701‐704)に役行者えんのぎようじや),雲遍上人が洛北鷹峰に創祀し,781年(天応1)和気清麻呂,僧慶俊が〈愛当護大権現〉として,今の山上に移したものという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あたごじんじゃ【愛宕神社】
京都市の愛宕山頂にある神社。本宮に稚産日神わくむすびのかみ・伊弉冉尊いざなみのみことなどをまつり、若宮に雷神・迦具土神かぐつちのかみをまつる。防火の神として信仰を集め、各地の愛宕社の総本社。中世以降修験者の行場ともなった。愛宕権現。
東京都の愛宕山頂にある神社。祭神は火産霊命ほむすびのみこと。防火の神として尊信される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

愛宕神社
あたごじんじゃ
京都市右京区嵯峨(さが)愛宕町、愛宕山に鎮座。祭神は、本社に伊弉冉尊(いざなみのみこと)、天熊人命(あめのくまひとのみこと)、埴山姫命(はにやまひめのみこと)、稚産日命(わくむすびのみこと)、豊受姫命(とようけひめのみこと)の5座、若宮社に雷神(いかずちのかみ)、迦倶槌命(かぐつちのみこと)、破旡神(はむしん)の3座を祀(まつ)る。「あたご」は仇子の意。社伝によると、愛宕山白雲寺は701年(大宝1)に役小角(えんのおづぬ)と泰澄(たいちょう)によって開創されたが、781年(天応1)6月に和気清麻呂(わけのきよまろ)が勅命を受け、愛宕郡鷹峯(たかがみね)から神霊を迎え、堂宇を造営したという。平安京となってからは王城の乾(いぬい)(北西)の守護神となり、愛宕権現(ごんげん)と称して崇敬された。また、火伏せの神として民間に広く信仰され、全国の愛宕神社の根本社とされる。旧府社。例祭9月28日。社宝の革包太刀(たち)は国指定重要文化財。[菟田俊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

愛宕神社
(大阪府大阪市東淀川区)
私が選んだ東淀川100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

愛宕神社
(東京都練馬区田柄2-17)
ねりまのとっておきの風景(地域景観資源)」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あたご‐じんじゃ【愛宕神社】
[一] 京都市右京区嵯峨愛宕町、愛宕山上にある神社。旧府社。祭神は埴山姫命(はにやまひめのみこと)、稚産日神(わくむすびのかみ)、伊弉冉命(いざなみのみこと)、豊受姫命(とようけひめのみこと)、天熊人命(あめくまうしのみこと)ほか。天応元年(七八一)和気清麻呂(わけのきよまろ)が光仁天皇の勅命により社殿を造営、平安京の鎮護の神としてまつられたもので、奥社と若宮に火の神をまつり火伏せのお守りを出す。防火の神として全国八百余の愛宕社の根本社。近畿一帯から関東、東北でも信仰される。延喜式内社。愛宕権現。鎮火神社。白雲寺。
[二] 秋田県湯沢市愛宕山にある神社。旧県社。祭神は火産霊神(ほむすびのかみ)。延暦二〇年(八〇一)坂上田村麻呂がまつったと伝える。
[三] 山形県天童市北目城山にある神社。旧県社。祭神は火産霊大神(ほむすびのおおかみ)。天正一二年(一五八四)山形城主の最上出羽守義光が勧請(かんじょう)。愛宕権現社。
[四] 東京都港区愛宕山にある神社。祭神は火産霊神、罔象女命(みずはめのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、大山津見命。慶長八年(一六〇三)幕府の命令で建立。あたごさま。
[五] 宮崎県宮崎郡佐土原町にある神社。旧県社。祭神は火之伽具土神(ほのかぐつちのかみ)、天児屋根命(あまのこやねのみこと)。養老二年(七一八)の創建といわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛宕神社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛宕神社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation