@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛敬【アイギョウ】

デジタル大辞泉

あい‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【愛敬】
《仏語の「愛敬相」から。室町以降「あいきょう」とも》
親愛と尊敬の念をもつこと。人から愛され敬われること。あいけい。
「この女子(にょし)に、―、富を得しめ給へ」〈今昔・一六・八〉
顔つき・振る舞い・性格などが、優しく愛らしいこと。あいきょう。
「かたち、すがた、をかしげなり。―めでたし」〈宇治拾遺・一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あい‐けい【愛敬】
[名](スル)親しみ敬うこと。敬愛。「愛敬の念」
「秋田豊は大いに彼の久松菊雄を―して」〈菊亭香水・世路日記〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あいぎょう【愛敬】
中世後期以降あいきょうとも
愛し敬うこと。敬愛。あいけい。 衆人-浅からずして万事心に叶ふべし/万民徳用
容姿や物言いなどがかわいらしく魅力的なこと。 わが顔にもうつりくるやうに-は匂ひちりて/源氏 野分
相手への優しい思いやりがあること。 聞きにくからず、-ありて/徒然 1
夫婦の結びつき。夫妻の和合。 げに、-のはじめは日えりして聞し召すべき事にこそ/源氏
なまめかしさ。媚こび。媚態びたいその縄手には-こぼすな/田植草紙

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あいけい【愛敬】
スル
心から敬うこと。敬愛。 余は其の詩人を-するなり/欺かざるの記 独歩あいぎょう愛敬

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐きょう ‥キャウ【愛敬・愛嬌ケウ
[1] 〘名〙 (古くは「あいぎょう」→「あいぎょう」の語誌)
※日葡辞書(1603‐04)「Aiqiǒ(アイキャウ)。イツクシミ ウヤマウ〈訳〉内に愛情をもって敬う」
② (形動) にこやかな、親しみやすいかわいらしさ。また、そういうかわいらしさのあるさま。あい。
※御伽草子・鉢かづき(室町末)「かほどにもの弱く、あひきゃう世にすぐれ、美しき人はいまだ見ず」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「あれで愛敬(アイケウ)がありゃア鬼に鉄棒(かなぼう)さ」
③ 好ましさ、こっけいさ、ほほえましさなどを人に感じさせる要素やしぐさ。愛想。
※洒落本・吉原源氏六十帖評判(1737)「酒も少々成て遊びをこのみ給ふゆへあいきゃうある事いはんかたもなし」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「此位公然と矛盾をして平気で居られれば愛嬌になる」
④ 商店などで、物を売るとき、分量をいくらか多くしたり、価格を安くしたりすること。また、売り物に添えるおまけ。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「『コウ青首が一羽残った。元直(もとね)に売るが買(かは)ねへか』〈略〉『サそこらに御ざいませんかナ。たった一羽うりたい。御愛敬(ゴアイキャウ)には三芝居役者声色(こわいろ)』」
⑤ 男女間のこまやかな愛情、夫婦和合の意から、近世、婚礼に用いるものに冠する語。「愛敬鏑(かぶら)」「愛敬の守(まもり)」「愛敬の餠(もち)」など。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)五「愛敬を二っつおとすおしいこと」
※洒落本・婦美車紫(1774)九蓮品定「市谷愛敬」
[補注]「きょう」に「嬌」の字を当てるようになったのは、(一)②③の意味の普及に対応したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あい‐ぎょう ‥ギャウ【愛敬】
〘名〙 (室町頃より「あいきょう」とも。→あいきょう)
※今昔(1120頃か)一六「此の女子に愛敬・富を令得(えし)め給へ」
② (「愛敬の相(そう)」から) 顔かたちが、にこやかでかわいらしいこと。愛らしく、優しい感じがすること。魅力があること。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「大将の児(ちご)なりし時かくやありけむと美しげにはづかしき顔の、ゑみ給はぬにあいぎゃういとにほひやかなり」
③ 性格、言語、動作などがにこやかで優しく魅力的なこと。思いやりがあり、つつましいこと。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「この御ありさまはいみじかりけり。うち乱れ給へるあい行よ」
※徒然草(1331頃)一「物うちいひたる、聞きにくからず、愛敬ありて、言葉おほからぬこそ」
④ 男女、特に夫婦間のこまやかな愛情。夫婦の和合。→愛敬の始め
⑤ なまめかしさ。色っぽいさま。媚態(びたい)
※梁塵秘抄(1179頃)二「何れか法輪へ参る道、内野通りの西の京、それ過ぎて、や、常盤林の彼方なる、あい行流れ来る大堰川」
[補注](1)「敬」を「行」と書かれた例も多く、仏語「愛楽(あいぎょう)」との関連も考えられ、「愛敬」「愛行」「愛楽」の敬、行、楽は単に形の上からつけ加えたもので、意味はもっぱら「愛」にあるという見方もある(小西甚一「梁塵秘抄考」)。
(2)「黒本本節用集」に「有敬 アイギャウ」とある。
[語誌](1)漢語本来の意味は「敬愛すること」であるが、中古の仮名文では主に②③のように「愛らしい魅力のあること」の意で用いられた。
(2)中世になって、清音形のアイキャウも用いられるようになるが、アイギャウと同じように「敬愛」を意味するとともに(→あいきょう①)、一方で、「あいきょう②」の「鉢かづき」例のように「愛らしさ」の意味も見られるところから、清濁両形の使い分けは明確に指摘しがたい。しかし、「日葡辞書」には両形ともに掲載されており、おおよその意味分担の傾向はあったのではないかとも考えられる。
(3)近世には、アイキャウの語形が優勢になり、もっぱら「愛らしさ」の意味、また、そこから派生した意味で用いられるようになる。→「あいきょう(愛敬)」の補注。
(4)漢文系の文章では、中世以来、漢音読みのアイケイの語形が行なわれ、「敬愛」の意味で用いることが多い。→「あいけい(愛敬)」の補注

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あい‐けい【愛敬】
〘名〙 親しみうやまうこと。たいせつにしてうやまうこと。敬愛。
※文明本節用集(室町中)「生則事之以愛敬(アイケイ)
※随筆・雲萍雑志(1843)四「兄弟愛敬をいだき」 〔孝経‐天子〕
[補注]「愛敬」は古く、「あいきょう」あるいは「あいぎょう」と読み、漢籍から影響を受けた「あいけい」は新しいと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛敬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛敬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation