@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

愛新覚羅慧生【あいしんかくら えいせい】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

愛新覚羅慧生 あいしんかくら-えいせい
1938-1957 中国,愛新覚羅溥傑(ふけつ)の長女。
1938年2月26日生まれ。父は満州国皇帝愛新覚羅溥儀(ふぎ)の弟,母浩(ひろ)は嵯峨実勝(さが-さねとう)の長女。昭和18年に来日,学習院にまなぶ。大学の同級生大久保武道と伊豆(いず)の天城(あまぎ)山で心中,32年12月10日発見された。20歳。ふたりの書簡集「われ御身を愛す」はベストセラーとなった。満州(中国東北部)新京(現長春)出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

愛新覚羅慧生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛新覚羅慧生の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広斎藤寅次郎久松静児新藤兼人山本嘉次郎森一生稲垣浩豊田四郎清水宏田坂具隆

他サービスで検索

「愛新覚羅慧生」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation